« 判っているのに | トップページ | 「現実」じゃないかな »

2012年7月25日 (水)

「原子力ムラ」があるなら「政治ムラ」もあるはず

「原子力ムラ」があるなら「政治ムラ」もあるはず

日本経済新聞:自民で原子力規制委員会人事案に異論
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2401Z_U2A720C1PP8000/

自民党の原子力規制組織に関するプロジェクトチーム(塩崎恭久座長)が24日に開いた会合で、原子力規制委員会の人事案の差し替えを求める意見が出た。河野太郎氏は委員長候補の田中俊一・元原子力委員会委員長代理を「原子力ムラの中心人物だ」と批判。塩崎氏も政府に再考を促した。

原子力って、あんまり広い業界にも見えないし、「原子力ムラ」とか言って排除していると、素人に(原子力については素人)になっちゃわないか。んで、科学的・技術的なことでは電力会社の言いなりになっちゃいそう。

  *        *        *

ところで、「原子力ムラ」があるなら「政治ムラ」もあるはずだよね。政治ムラのサラブレッドである河野さんは、「政治ムラの中心人物」と言っても良いよね。

政治から「政治ムラ」の人々を排除しようなんて事になったらどうする、どうなる。

  *        *        *

あんまりムラムラいうのも、なんだかなぁ~というところです。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 判っているのに | トップページ | 「現実」じゃないかな »

コメント

反原子力ムラにもいろいろな思惑や、利権がありそうですけどね。

投稿: きき | 2012年7月25日 (水) 12時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/55274366

この記事へのトラックバック一覧です: 「原子力ムラ」があるなら「政治ムラ」もあるはず:

« 判っているのに | トップページ | 「現実」じゃないかな »