« 国家間の関係を現実的に見れば | トップページ | 原発は危険だとういう宗教 »

2012年7月15日 (日)

このデモは怖くない

このデモは怖くない

朝日新聞:金曜の夜、叫ぶ、歌う 官邸前で脱原発訴え
http://www.asahi.com/national/update/0713/TKY201207130632.html

首相官邸の前から国会議事堂に、そして霞が関の官庁街に、人の波が広がった。金曜夜の恒例になっている関西電力大飯原発(福井県)の再稼働に対する抗議行動。フル稼働後初となる13日も、多くの市民が集まった。約300人から始まった運動は国会議員や活動家らも巻き込んでいる。

政治家はデモの何を恐れるだろうか。権力を失うことを恐れるだろうか。

民主政治で政治家が権力を失う方法は、基本的に2つ。直接的な暴力によって政府が崩壊すること、数の暴力である選挙に負けること。この2つの可能性があるだけで、内部闘争が起きて失脚したりする。

さて、官邸前の脱原発デモは、政治家を怖がらせるデモだろうか。

まず、直接的な暴力の可能性は低いデモだから、その意味では怖がらせないデモだ。では、このデモは選挙に影響するだろうか。

何度か地方自治体の首長(知事・市長など)の選挙は行われているが、シンプルに脱原発を訴える候補の当選したとは聞かない。これは当選するには脱原発だけでは力不足で、その他の様々な課題に応える必要があることを示している。

  *        *       *

この官邸前のデモは、脱原発という主張を忘れさせない効果はあるだろう。しかし、選挙に影響を与えることが出来ていない以上、それだけだ、とも言える。

問題は、現実に影響を与えていないとデモ参加者が気がついた時、何が起きるか、と言うことだ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 国家間の関係を現実的に見れば | トップページ | 原発は危険だとういう宗教 »

コメント

脱原発で プログ検索中です。原発問題 大変な問題ですね。
脱原発 できるのかなぁ?何年~。ソーラーパワーが いいなぁ
政治研究会(名前検討中 
内乱という戦争は 怖いですね。

投稿: 謎の三文字∬村石太◎謎のみのもんた | 2012年7月15日 (日) 18時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/55197870

この記事へのトラックバック一覧です: このデモは怖くない:

« 国家間の関係を現実的に見れば | トップページ | 原発は危険だとういう宗教 »