« 「人類の普遍的な価値」よりも、喧嘩を避ける知恵 | トップページ | お花畑とお化け »

2012年8月16日 (木)

賭金を上げろ

賭金を上げろ

沖縄タイムス:尖閣上陸:地元に余波 日中に自制求める声
http://article.okinawatimes.co.jp/article/2012-08-16_37816

石垣市の中山義隆市長は「領海侵犯は許されないし、不法上陸も当然認められない。国は毅然(きぜん)とした対応を示してほしい」と強調。「中国漁船衝突事件の船長を不起訴で帰したような甘い対応じゃなく、国内法に従って裁いてほしい」と求めた。

その上で「外交摩擦を起こさせないためには、わが国が実効支配を強めるべきだと思う」とした。

八重山漁協の上原亀一組合長は「(都や国の尖閣購入計画に対する)反発だろう、という感じはする。中国も日本も、互いに挑発するような行為はやめてほしい」と訴え、「上陸してしまった以上、国内法にのっとって粛々と対応してほしい」と求めた。

尖閣諸島に常駐部隊を置くべきです。可能であれば自衛隊と在日米軍との共同部隊を。

  *        *        *

冷戦は、何故、実際の戦争にならなかったのか。それは、戦った場合の被害が大きすぎたから。相手の被害だけなく自分の被害も。

戦っても負けても支払うもの犠牲になるものが大きすぎて、双方共に支払う事がとても出来なかった。

だから双方とも戦火を開くという決断をしなかった(出来なかった)。

  *        *        *

尖閣諸島を中国が狙っています。刺激しないようにしていても中国はやってくるでしょう。中途半端に刺激したら騒ぎは大きくなるだけ。

では、思いっきり刺激するようなこと、たとえば自衛隊と米軍と共同の常駐部隊を置いたらどうなるでしょうか。

中国は、言葉では大騒ぎするでしょうが、結局は、台湾に対する態度と同じように現状を受け入れるでしょう。

尖閣諸島を奪取しようとした場合の失うものが大きすぎるようになるからです。

  *        *        *

今回も出港したら(寄港するまで・上陸を諦めるまで)尖閣諸島に部隊を置くと日本が言ったら、案外、中国は出港を取りやめたかもしれません。

  *        *        *

自衛隊と在日米軍との共同部隊は、妄想に近いでしょうが、海上保安庁や自衛隊の部隊を置くことは、検討して良いことだと思います。

中国は尖閣諸島の為に、日米と戦争をすることは出来ないと思います。いま、賭金を上げれば平安な時期が続くのではないでしょうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 「人類の普遍的な価値」よりも、喧嘩を避ける知恵 | トップページ | お花畑とお化け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/55438141

この記事へのトラックバック一覧です: 賭金を上げろ:

« 「人類の普遍的な価値」よりも、喧嘩を避ける知恵 | トップページ | お花畑とお化け »