« 必要なお金はいくら? | トップページ | オスプレイの事故率をどう解釈するか »

2012年8月 9日 (木)

その金がどこから出るか判っている?

その金がどこから出るか判っている?

しんぶん赤旗:生活保護 恥じゃない 働きたくても働けない 当事者抜きで制度変えるな 受給者ら唱和、都内をデモ
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-08-09/2012080901_03_1.html

精神疾患を患ったことがもとで生活保護を受給している女性(33)は「以前、受給していた生活保護をやめて働きましたが、体を壊して、また受けています。一度目の時は『何もしていないのに』と申し訳ない気持ちでいっぱいでした。でも、生活保護利用者の団体で生活保護のことを学び、生活保護は憲法によって保障された権利、私たちの命をつなぎ、生活を支えるためにある制度だとわかりました。今日はたくさんの人と歩けてうれしい」と語りました。

権利だから受けてよい。それはそうだけど、その金がどこから出てくるか意識しているだろうか。

これは大事なことだ。働いて給料を得る、給料を払うのは会社だけれど、会社にお金を払うのはお客だ、そしてお客も会社も社会の様々な支えの上にたっている。お客や社会のことを事を意識しいるかどうか。けっこう大事な事だ。会社しか、あるいは上司しか見えない。働いているから給料は権利だとしか考えないのと、お客や社会あっての会社で、自分はその仕組みや様々なものに支えられて給料を得ていると知っているか。私には大きな違いに見える。

生活保護を受けるにしても、単純に権利だからとかじゃなくて、それを支える様々なものがあることを知っておいて欲しい。

  *        *        *

日本全体が貧乏になったら、お客も注文を減らす。自分の給与も減る。

日本全体が貧乏になったら、福祉の予算も減る。

無理して借金して給料を払った会社はどうなる。

無理して福祉にお金をかけていたらどうなる。

そういった意識がないまま、権利だからカネ寄越せと要求しても長続きはしない。

  *        *        *

私達は何か誰かの役に立ちたいとう欲求を持っている。それは大事にするべきで、そういった欲求を持っている人々へ援助がさしのべられる社会であって欲しい。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 必要なお金はいくら? | トップページ | オスプレイの事故率をどう解釈するか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/55387491

この記事へのトラックバック一覧です: その金がどこから出るか判っている?:

« 必要なお金はいくら? | トップページ | オスプレイの事故率をどう解釈するか »