« 成熟したにしては | トップページ | はぁ? »

2012年8月14日 (火)

どこの国の国旗だろうか

どこの国の国旗だろうか

サーチナ:香港の活動家が尖閣諸島へ、活動家「日本の阻止は恐れていない」
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0813&f=politics_0813_012.shtml

NHKは12日、中国の尖閣諸島(中国名:釣魚島)の領有権を主張する香港の活動団体「保釣行動委員会」の漁船が出港したことをトップニュースとして伝えた。報道によると、香港の活動家は、日本の尖閣諸島周辺における釣魚島上陸などの行動に憤慨し、今回、島に中国の国旗を立てる方針を示した。中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。

中国と台湾の船も近く出航し、公海で保釣行動委員会の漁船と合流したあと、尖閣諸島に向かい主権を主張するという。

「香港の活動家」と「中国と台湾の船」の共同行動のようですけれど、「島に中国の国旗を立てる」として、どちらの中国の国旗でしょうか。中国本土の五星紅旗でしょうか。それとも、台湾の青天白日滿地紅旗でしょうか。

どちらの国旗を使うにしてもシビアな問題を起こしそうです。両国の国旗を並べるのも、それはそれで問題視されるような気がしますし。

上陸出来ない、つまり国旗は使わない前提なのかもしれませんけれど。

  *        *        *

ところで。

世界華人保釣連盟の謝夢麟報道官は12日、「環球時報」の取材に対し、「日本の自衛隊艦艇の強硬な姿勢をまったく恐れておらず、漁船に衝突するなどの方法で対処することなどもっと恐れていない。私たちはそのような状況になることを考慮に入れ、台湾と香港の船体に鉄による装備を施したため、衝突など恐れていない。そのとき、日本の艦艇はどのように対処するだろうか」と話した。

「台湾と香港の船体に鉄による装備を施したため、衝突など恐れていない」

鉄で多少補強したところで船体の強度が挙がるとは思えないですが。もし、武装でもしたのであれば、中国の国内法にてらして武装船舶の取扱いがどうなっているか気になります。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 成熟したにしては | トップページ | はぁ? »

コメント

韓国の歌手ら、竹島への水泳リレーに出発


読売新聞 8月13日(月)17時51分配信



 【ソウル=宇恵一郎】韓国の歌手、金章勲(キムジャンフン)氏(44)が13日、大学教授、大学生らとの水泳リレーによる竹島上陸を目指して、韓国慶尚北道・蔚珍(ウルチン)の海岸を出発した。

 竹島までの距離は約220キロ・メートル。日本の植民地支配からの解放記念日である15日の光復節に上陸することを目指している。金氏は、2011年3月1日の独立運動記念日に竹島に渡り、「独島(トクト)(竹島の韓国名)フェスティバル」を開いたことがある。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120813-00001002-yom-int

投稿: 貼り付け | 2012年8月14日 (火) 18時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/55419128

この記事へのトラックバック一覧です: どこの国の国旗だろうか:

« 成熟したにしては | トップページ | はぁ? »