« 原発を動かさなくてもで電気は足りる、おおぜい殺せばね。 | トップページ | 助けられ上手 »

2012年9月 2日 (日)

中国経済が崩壊するとしたら

中国経済が崩壊するとしたら

レコードチャイナ:http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=64251&type=0
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=64251&type=0

中国経済が30年間にも及ぶ急速な成長を遂げてきた一方で、欧米の経済状況は徐々に悪化し、両者の差は日々拡大している。同時に、中国経済が間もなく崩壊するだろうという報道が増えているが、これには確たる根拠があるわけではなく、欧米経済衰退時に出現するある種のプロパガンダに過ぎない。



しかし、実際の状況はどうだろうか。ある業界では供給不足が発生し、別の業界では供給過剰に陥る、こうした状況は市場経済では必然である。中国について言えば、政府の自動車購入制限政策などによって、確かに自動車メーカーは困難に直面している。しかし別の業界、例えば内陸部にあるスマートフォンのメーカーは大成功を収めている。



中国経済にまったく問題がないわけではない。中国には議論すべき重要な経済政策問題がある。しかし、だからと言っても、最近大量に報道されている「中国経済は間もなく崩壊する」との論調は、話が大げさで、実態と合っていない。

通常の市場経済が維持されている間は、一般の資本主義国家と同じく浮き沈みはあっても崩壊なんてことはないでしょう。その意味では引用元の記事に同意です。でも中国経済に崩壊の危険がないかと問われれば無視できない程度の危険はあると思います。それは市場経済が維持できなくなるような出来事が起きる可能性があると思っているから。

では、市場経済が維持できなくなるような出来事とは何でしょうか。

それは2つ、戦争と内乱です。

戦争、中国は膨張主義的になっています。南シナ海や尖閣諸島での領有権争い。本気の戦争をするつもりがなくても、引き返すポイントの逃してズルズルと戦争になってしまうことはあることです。アセアン諸国や日本と戦争をしないとは言いきれません。

内乱、こちらの方が可能性が高いと思いますが、中国では経済格差が広がっています。格差が広がっているところに不況が起きると、下層の人々はどうなるでしょうか。

経済発展している時には、下層であっても収入が増えるし未来に夢をもつことも出来ます。金持ちとの差は広がるかもしれませんが、自分の生活が改善されるなら我慢もできます。しかし、不況になるとそうはいきません。経済格差の大きい、しかも下層の生活水準が生存ギリギリの社会での不況は、暴動を起きやすくします。

ただでさえ中国では暴動が頻発しているのに、さらに暴動が起きるようになる。

そして、暴動が経済活動の縮小をもたらし、次の暴動を起こすようになり、さらに経済の縮小が起きるようになったら、中国経済が崩壊するときです。

  *        *        *

戦争も内乱も可能性は高くないでしょうけれど、無視できるほど小さいとも思いません。そして、中国には歪な人口構成という問題もあります。10年20年単位でみると楽観はできないと思っています。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 原発を動かさなくてもで電気は足りる、おおぜい殺せばね。 | トップページ | 助けられ上手 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/55560684

この記事へのトラックバック一覧です: 中国経済が崩壊するとしたら:

« 原発を動かさなくてもで電気は足りる、おおぜい殺せばね。 | トップページ | 助けられ上手 »