« 中国製のものを使うことは環境破壊に繋がるのか | トップページ | 安倍さんはケンカに強くなったか? »

2012年9月 7日 (金)

安いけど停電する電気と高いけど停電しない電気とどっちを選ぶ

安いけど停電する電気と高いけど停電しない電気とどっちを選ぶ

ロイター:電気代抑制には競争環境作ることが重要=ソフトバンク社長
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE88505L20120906

そのうえで、電気代を抑える最大の解決策は「原発を残すことではない。現在の電力会社による独占状態を打破し、(発電事業と送配電事業を分ける)発送電を分離して競争環境を作り、コスト削減を促すことが重要」と主張した。

近所のスーパーで安売りをすることがある。確かに安いけどいつもやってるわけじゃない。市競争で安くなるのは確かだけれど、「売ってない」って事が起きるようになる。

  *        *        *

私は勤務先で購買を担当する事がある。納入業者に何かを「保証」をさせようとすると、とたんに値段が高くなる。逆に「いまあるもので良い(不具合はこっちでなんとかする)」と言うと安くなる。

もし、市場化で安い電気が手に入るようになるなら、それは様々なレベルで「保証」がないものだろう。停電の頻発・電圧の低下などを受け入れれば、電気は安くなるだろう。

問題は、それで良いのかと言うことだ。

問題は、それで電気代が安くなったとしてもバッテリーや自家発電装置を用意しなければならなくなって、トータルコストで安くならなかったり、困ってしまって廃業する企業がないかどうかだ。

  *        *        *

孫さんのソフトバンクはインターネットの通信コストを引き下げた実績がある。しかし、通信の安定性という点では評価は高くなかった。電気に例えると「安いけど、しょっちゅう停電する」と言うこと。

一般家庭では、時々、停電してドラマやアニメの録画に失敗したり、タイマーでセットした炊飯器がおかしくなる程度だろうけれども、中小の工場にとってはどうなのだろうか、人工呼吸器などを使っている人はどうなのだろうか。

  *        *        *

安いものが高くつくことがある。買い物上手な人なら知っていることだ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 中国製のものを使うことは環境破壊に繋がるのか | トップページ | 安倍さんはケンカに強くなったか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/55597178

この記事へのトラックバック一覧です: 安いけど停電する電気と高いけど停電しない電気とどっちを選ぶ:

« 中国製のものを使うことは環境破壊に繋がるのか | トップページ | 安倍さんはケンカに強くなったか? »