« 特別扱いを要求すること | トップページ | 正社員という無理な(仮想的な)存在 »

2012年9月28日 (金)

お友達人事で何が悪い

お友達人事で何が悪い

スポニチ:安倍自民“お友達人事”再び 補佐役に側近菅氏起用
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/09/28/kiji/K20120928004209090.html

自民党の安倍晋三総裁(58)は27日、石破茂前政調会長(55)の幹事長起用を決めた。総裁選で地方票の過半数を獲得した石破氏を「選挙の顔」とするとともに、地方の反発を抑える狙い。ただ、「脱派閥」を掲げる石破氏は派閥長老らと疎遠で党内融和に不安が持たれているため、幹事長代行には安倍氏側近の菅義偉元総務相(63)を起用。首相就任時と同じ「お友達人事」に批判が出そうだ。

お友達人事で何が悪いんだろうか。仕事が出来ればそれで良いではないか。権力を勝ち取った政治家が「お友達」即ち側近を要職につける。何か間違いがあったり不自然なことだろうか。

  *        *        *

自民党に対する批判は、特に安倍さんや麻生さんのような保守色の強い政治家に対しては、イメージだけでの批判・レッテル張りが多いように感じる。

先日も3500円のカレーに対しての批判があった。麻生さんが高級ホテルでお酒を飲んだことすら批判になった。

どうでも、いいだろそんなの。

庶民感覚が無いなどと批判されるけれど、そう言うなら、庶民にアンケートをとって欲しい。「お金持ちになったら、高いカレーを食べてみたいですか。高級ホテルで飲んでみたいですか」と。私は、高級カレーはともかく、高級ホテルで高い酒をのんでみたいぞ。高い酒は飲めない、だけど飲んでみたい、お金があれば飲む、それも庶民感覚であって、安倍さんや麻生さんの行動が庶民感覚から外れているとは思えない。

景気をよくして失業者を減らしてくれることが庶民にとっての善政であって、その視点から考えるべきだ。

  *        *        *

私には個々の政治家の能力を判断することが出来ない。だから、この人事が良いか悪いか判断はできない(不安ではあるけれど)。安倍さんの政治思想には共感することが多々あるので、がんばってもらいたい。

政治家はケンカに勝ってこそ価値があるのですから。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 特別扱いを要求すること | トップページ | 正社員という無理な(仮想的な)存在 »

コメント

いにしえから「お友達人事」は良くある事じゃないのですかな。才能以前に、自分にとって忠実な者で固める。それが権力者が自分の地位を固める常套手段なのですよ。まあ、それでも我々からすれば、良く仕事ができれば良いのです。
西郷隆盛は維新以降も、質素な生活を送ったようですが、誰もがそんな人間になれる訳がない。たいていの人間は持っているお金の額に見合った事をやりたいと思っているのです。ただ、たくさんお金を稼ぐことが容易でなく、たいていの場合、超過勤務をしても、そこまでとことん贅沢ができるまでに至らない物なのです。

投稿: DUCE | 2012年9月28日 (金) 20時05分

野田内閣の人事は、お友達人事ですらないようですね。

安倍さんがまた総理大臣になり、自民党政権、なんてうきうきしてます。
政治システムのの硬直、のぶっ壊しもすんだ事だし。
(壊しすぎて後何年も停滞しそうですが)
ああ、民主党政権長かった・・・
それにしても、後一年やる気ですかね、野田さん。嫌になりますね。

投稿: ohsui | 2012年10月 2日 (火) 16時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/55761669

この記事へのトラックバック一覧です: お友達人事で何が悪い:

» 我が国を覆い尽くす亡国キムチ現象 [日本の狂った反日スポーツライターたち]
皆さま、拙ブログにお越しいただき有難うございます。↓のエントリー(青文字部分をク [続きを読む]

受信: 2012年9月28日 (金) 20時34分

« 特別扱いを要求すること | トップページ | 正社員という無理な(仮想的な)存在 »