« 何人が健康被害を受けますか?何人が死にますか? | トップページ | 政党なのだから »

2012年9月27日 (木)

蒸し返しを許すとどうなる

「従軍慰安婦」問題、蒸し返しを許すとどうなる

中央日報:【中央時評】韓日関係が悪化すれば韓日米すべてに損失(1)
http://japanese.joins.com/article/261/160261.html?servcode=100&sectcode=140

二つ目は、韓国最高裁判所が5月に日帝強占期の強制徴用被害者が該当企業を相手に個別訴訟をできるように認めた判決だ。 これは「1965年の韓日基本条約に基づき対日請求権問題は終了した」という従来の解釈の終息を意味する。 しかし日本のどの指導者もこれを受け入れることはできないし、どの政治家も将来そうしなければならないとは思わないだろう。 これは政治的にはもちろん、法的にも不可能だ。 もし日本が韓国の要求を受け入れれば、戦後に日本との平和協定に署名した米国・英国・オランダ・豪州などの弁護士も全く同じ待遇を要求するはずだ。 日本の政府と企業は洪水のようにあふれる裁判の処理に追われ、何もできなくなる。 したがって現実的に韓日両国がこの問題を交渉で解決する可能性は非常に薄いと考えられる。 たとえ米国が圧力を加えても結果は同じはずだ。

これは忘れてはならないことだ。

「従軍慰安婦」問題の蒸し返しを許せば、日本は名誉の問題だけでなく、世界中から攻撃される。サンフランシスコ平和条約で解決した(ことにした)様々な問題をもういちど話し合わねばならなくなる。

場合によっては戦争のやり直しが必要になる。

  *      *        *

歴史ある国家は様々な問題を経験している。「最終的に解決した」ことにするという知恵を大事にしなければならない。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 何人が健康被害を受けますか?何人が死にますか? | トップページ | 政党なのだから »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/55755077

この記事へのトラックバック一覧です: 蒸し返しを許すとどうなる:

« 何人が健康被害を受けますか?何人が死にますか? | トップページ | 政党なのだから »