« 民主主義とは自分の意見が通ることと同じではない | トップページ | どこで守るか、均衡させるかという問題 »

2012年9月29日 (土)

化学工場爆発事故に思う

化学工場爆発事故に思う

朝日新聞:「日本触媒」工場で爆発、消防職員1人死亡 兵庫・姫路
http://www.asahi.com/national/update/0929/OSK201209290036.html

兵庫県姫路市消防局に入った連絡によると、29日午後2時40分ごろ、姫路市網干区の「日本触媒」姫路製造所で爆発事故があり、多数の負傷者が出た。爆発の直前に同工場から通報があり、駆け付けた警察官や消防隊員も巻き込まれたという。県警網干署によると、消防職員1人が死亡した。負傷者は30人にのぼるとの情報もある。

姫路市消防局によると、午後2時5分ごろ、日本触媒の姫路製造所から「D地区のアクリル酸の異常反応が出た。煙が出ていた」という119番通報があった。

亡くなられた消防隊員の方にお悔やみ申し上げます。また、他にも重傷者の方がいらっしゃるようです。回復を祈ります。

  *        *        *

この工場はアクリル酸を扱っているようだ。ざくっとアクリル酸について有害かどうかググってみたところ、有害物質のようだ。また、これ以外にも有害物質を扱っているだろう。それらの有害物質は周囲に拡散したにちがいない。

それらの有害物質はどのように検出し除染するのだろうか。

放射性物質と違い放射線を出さないので、検出は困難に違いない(放射性物質は存在を大声で叫んでいるようなものだから)。

  *        *        *

私達の社会には様々な有害物質が溢れている。様々な危険があることを忘れてはならない。

危険であると判っている場所に踏み止まって働く人々がいる。

命がけで、私達の豊かな生活を守っている人々がいることを忘れてはならない。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 民主主義とは自分の意見が通ることと同じではない | トップページ | どこで守るか、均衡させるかという問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/55774040

この記事へのトラックバック一覧です: 化学工場爆発事故に思う:

« 民主主義とは自分の意見が通ることと同じではない | トップページ | どこで守るか、均衡させるかという問題 »