« 嘘じゃないけどダマシです | トップページ | 目先しか見えない民主党らしいというか »

2012年9月10日 (月)

にっちもさっちも

にっちもさっちも

朝鮮日報:李大統領、天皇謝罪要求発言について釈明   日本メディア報じる 関係者は報道内容を否定も
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/09/10/2012091000463.html

李明博(イ・ミョンバク)大統領が今月5日、韓国国内の日本関連の専門家たちを大統領府に招き、最近の韓日両国の対立をめぐり「従軍慰安婦問題は法ではなく対話によって解決する問題だ」「日本人に対し敬意を持っている」などと発言した、と読売新聞など日本メディアが9日報じた。

とりわけ朝日新聞は、李大統領がそのとき、先月に天皇の謝罪を求めた発言をめぐり「私の発言がねじ曲げられて日本に伝わっている。過去の問題が浮上するたび、日本との関係が悪くなるという悪循環を、天皇の韓国訪問で断ち切れないか、日本の首相が何度も謝罪するよりも、日本で最も尊敬されている天皇が言葉を述べれば、歴史問題が容易に解決するという意味だった」と語った、と報じた。

この発言は、見方によっては、李大統領や韓国政府の対日政策の基調が一部変更されたものと解釈される余地がある。これに対し大統領府の関係者は「懇談会を行ったのは事実だが、対日政策の基調が変更されたことはない」とくぎを刺した。

同関係者は、李大統領が「従軍慰安婦問題は、法ではなく対話によって解決する問題だ」という趣旨の発言をしたとの報道について「日本政府が解決しようと思えば解決できる問題に対し、いまだ誠意を見せていないことに対する失望をあらわにしたものだ」と述べた。従軍慰安婦問題について、日本の法的な責任を問うという意向に変わりはないというわけだ。

関係改善を目指して日本向けにメッセージを出すと、当然、それは天皇陛下への謝罪要求を取り下げるか取り下げないまでも弱める必要があります、すると韓国国内から親日派というレッテルをはられかねないので再び強硬路線に戻さなきゃならない。

支持率が高く強いリーダーであれば、国内の反発を無視も出来ますが、李明博大統領の支持率は高くなくてそんな事は出来ない。

軽く火をつもりが大火事になって、にっもさっちも、ですね。

   *        *        *

こういうのは「お互いにだまってよ~ね」しか答えはない。平和友好条約を結んだら互いに不満はあるだろうけど「最終的に解決」したことにしちゃうのが大人の知恵なんだと思う。

言っちゃいけない事を言っちゃったんだよ、李明博大統領は。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 嘘じゃないけどダマシです | トップページ | 目先しか見えない民主党らしいというか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/55627059

この記事へのトラックバック一覧です: にっちもさっちも:

« 嘘じゃないけどダマシです | トップページ | 目先しか見えない民主党らしいというか »