« にっちもさっちも | トップページ | 事実を軽視する人々 »

2012年9月11日 (火)

目先しか見えない民主党らしいというか

目先しか見えない民主党らしいというか

毎日新聞:民主党代表選:「近いうち解散」に批判集中 共同記者会見
http://mainichi.jp/select/news/20120911k0000m010103000c.html

民主党代表選の立候補者4人が10日に行った共同記者会見では、赤松広隆元農相(64)、原口一博元総務相(53)、鹿野道彦前農相(70)の対立候補3人が一様に、野田佳彦首相(55)が自民党の谷垣禎一総裁と合意した「近いうち解散」を批判した。党内に早期の衆院解散に強い警戒感があることを意識して「反野田」票の取り込みを図った。谷垣氏が総裁選不出馬を表明したこともあり、批判票次第では解散時期に影響を及ぼす可能性もある。

民主党の衆議院議員のみなさんにとっては一日も長く議員でいたいし、奇跡の大逆転(たいてい無いんだよね)を期待して解散を先延ばししたいという気持ちは理解できる。でも、先延ばしして、民主党にとって良い事あるかって考えれば、たぶん何も無いんじゃないかな。

  *        *        *

早いうちに解散して自民党に政権を渡したところで、自民党だって魔法の杖を持っているわけじゃなし、不人気な政策(原発再稼働や増税)をしなくちゃならない。マスコミは自民党を叩いてくれるし、不人気な政策を先延ばしすると、経済的に行き詰まって、そっちからも叩かれるし。

つまり、早く自民党に政権を渡してババを引かせれば、参議院の選挙では勝ち目が出てくるってこと。

民主党は衆議院で消滅に近い負けになっても、参議院でなら生き残る可能性が出てくるってこと。

でも、衆参同日選挙なんてやったら両方共惨敗で再生の芽もなくなっちゃうんじゃないかな。早めの総選挙が民主党の生き残る方法に思えるのだけれど。

  *        *        *

総選挙の先延ばしって、目先しか見えない民主党らしいな~と思います(自民党もあんまり変わらんけど、ちょっとだけ民主党よりマシに思える)。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« にっちもさっちも | トップページ | 事実を軽視する人々 »

コメント

総裁選の顛末のまずさは仰る通りですが、
自民党と民主党の候補者の政権担当能力の評価をも念頭に入れて、「マシ」発言をお願いします。
お書きになっている意味は十分に分かりますが、
あの被災地見ごろしの野田と、赤松口蹄疫と、光の戦士と、スパイ鹿野の楽しい椅子とりゲームなんですから、人様のブログで愚痴りたくもなるもんです。

投稿: ohsui | 2012年9月14日 (金) 02時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/55629308

この記事へのトラックバック一覧です: 目先しか見えない民主党らしいというか:

« にっちもさっちも | トップページ | 事実を軽視する人々 »