« 従軍慰安婦・竹島 | トップページ | 軍服のようなもの »

2012年9月24日 (月)

言葉遣い

言葉遣い

朝鮮日報:ミサイル指針:韓日に対する米国の態度に大きな差
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/09/24/2012092400940.html

韓国軍は固体燃料ロケットを使った短距離ミサイル(玄武2、射程距離300キロ)をすでに保有している。しかし軍用の固体燃料ロケット技術を民間に転換できないという規定は、今回の交渉でも緩和されなかった。軍が開発した技術という理由のため、平和目的の宇宙ロケットにはこの技術を使えないのだ。ある外交筋は「(戦犯国である)日本には民間による固体燃料ロケット開発を認めておきながら、韓国に対してはこれを認めない理由が非常に気になるところだ」と述べた。

「戦犯国」という言葉、犯罪の「犯」という言葉を他国に向かって使うというのはどんなもんなんだろうか。

自分の感覚からすと、たとえ気に入らない相手だったとしても、他人に対してはそんな言葉は控えるものだと感じるのだけれど。

  *        *        *

子供っぽいレベルで言い返すなら、韓国が日本を「戦犯国」と言うなら、日本は韓国を「旧植民地」とか「自分で独立できなった国」とか言い返すのだろうか。

  *        *        *

でも、そういったレベルで言い返しても(お互いに)良い事はない。ただ、韓国は日本人の気持ちに配慮してくれない国(あるいは有力新聞に記事を書くような「有識者」であっても配慮しない人々の国)だと言うことを憶えておこう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 従軍慰安婦・竹島 | トップページ | 軍服のようなもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/55737546

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉遣い:

« 従軍慰安婦・竹島 | トップページ | 軍服のようなもの »