« 政党なのだから | トップページ | お友達人事で何が悪い »

2012年9月27日 (木)

特別扱いを要求すること

特別扱いを要求すること

しんぶん赤旗:話し合いの場を 官邸前 「困っちゃう人々」切々
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-09-27/2012092715_02_1.html

貧困問題にとりくむ人たちがつくる「このまますすむと困っちゃう人々の会」は26日、首相官邸前で、社会保障改悪反対、消費税増税反対をかかげて11回目の「スタンディングアクション」を行いました。

手作りの横断幕やプラカードを持ち寄った110人の人々が「総理は私たちの声を聞いて」「私たちと話し合いの場を持って」と声を響かせました。

政治的なデモを否定しないし、貧困問題に取り組んでいる方々の努力は尊いものと思うし、主張に賛成な時もある。しかし、行政組織の前で、デモや座り込みをして、話し合いを要求するのには、ちょっとした違和感を憶える。

  *        *        *

なんだか、脅迫して話し合いを求めように見えて、特別扱いを求めているように見えてしまって、嫌な感じがしてしまう。平等原則に外れるというか、声がでかかったり金をもっていたり権力を持っていると強いのは当然なんだけれど、貧困問題でも、結局、組織化できて集団で行動する人間達が強いってのは、現実世界の多くがそうなんだけれど嫌な感じがしてしまうのだ。

  *        *        *

日本は民主国家なんだから、有権者→議員・議会→行政という手順を踏むべきだ(つまり、世論を動かすためのデモには、こんな違和感を感じないという事でもあるんだけれど)。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 政党なのだから | トップページ | お友達人事で何が悪い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/55759652

この記事へのトラックバック一覧です: 特別扱いを要求すること:

« 政党なのだから | トップページ | お友達人事で何が悪い »