« オスプレイで負担軽減 | トップページ | 中途半端は迷惑になりかねない »

2012年10月15日 (月)

弱気という刺激

弱気という刺激

テレビ朝日:中国意識した自衛隊観艦式「刺激与える」の声も
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/221015000.html

防衛省の幹部も、今回の外国艦艇の参加について「周辺国との連携をアピールすることが大切だ」と話しています。一方で、「自衛隊が出すぎるのは刺激を与える」として、消極的な声も政府内では上がっています。尖閣諸島国有化から1カ月、中国海軍も周辺海域に艦艇を出すなど、日中双方の神経戦が続いています。

刺激を与えるのは良くない。こちらが弱気というか下手にでて、中国に「よし、日本は弱気だ。いまなら尖閣諸島を獲れるぞ」と思わせるような刺激を与えるのは良くありません。

戦争のもとです。

  *        *       *

朝鮮戦争のもとになった「アチソンライン」、湾岸戦争のもとになった(かもしれない)アメリカ大使の「関知しない」発言を思い起こしましょう。

世の中、単純ではありません。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« オスプレイで負担軽減 | トップページ | 中途半端は迷惑になりかねない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/55893813

この記事へのトラックバック一覧です: 弱気という刺激:

» 「橋下方式」を分析し、第二の橋下の出現を阻止しよう [日本の狂った反日スポーツライターたち]
皆さま、拙ブログにお越しいただき有難うございます。↓のエントリー(青文字部分をク [続きを読む]

受信: 2012年10月15日 (月) 21時15分

« オスプレイで負担軽減 | トップページ | 中途半端は迷惑になりかねない »