« 原発事故で農業に被害を与えたのは | トップページ | 言論の国と暴力の国 »

2012年10月13日 (土)

微妙なノーベル賞

微妙なノーベル賞

時事通信:受賞は「素晴らしい決定」=EUのノーベル平和賞を歓迎-独首相
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2012101200901

ドイツのメルケル首相は12日、欧州連合(EU)へのノーベル平和賞授賞が決まったことについて「素晴らしい決定」と歓迎する声明を発表した。

首相は、欧州統合の理念が認められたと指摘し、受賞は統合への刺激となると語った。また「ユーロは単なる通貨ではない」と強調。平和の実現と価値観の共有に向け、債務危機で揺れるユーロを強化し、守るよう訴えた。

ノーベル平和賞って微妙な賞だよね。政治的なメッセージを込めた賞であって、でも、革命を起こすほどの権威はないってかんじ。

   *        *      *

ノーベル平和賞受賞者についてのニュースを見聞きすることは多々あるけれど、良いことばかりではない。いや、むしろ悪いことのニュースの方が多いのではないか。

たとえば劉暁波さん、2010年に受賞したけれど中国の状況が変わったようには見えない。国連は2001年に受賞しているけれど、イラク戦争を防げなかった。

   *        *      *

ノーベル平和賞を受賞したら苦難の道が待っている、という先入観を私はもっている。EUも苦労するだろう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 原発事故で農業に被害を与えたのは | トップページ | 言論の国と暴力の国 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/55878376

この記事へのトラックバック一覧です: 微妙なノーベル賞:

« 原発事故で農業に被害を与えたのは | トップページ | 言論の国と暴力の国 »