« 反省しているか | トップページ | 自民党政権は良かった »

2012年10月30日 (火)

何度でも「死者ゼロ」と言う

何度でも「死者ゼロ」と言う

しんぶん赤旗:「即時原発ゼロ」へ 共産党はこう考えます
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-10-30/2012103005_01_0.html

日本共産党が「即時原発ゼロ」の実現を求める「提言」を打ち出したのは、何よりも、福島第1原発事故から1年7カ月がたった今も「収束」するどころか、被害は広がり続けているからです。

事故で大量の放射性物質が放出されたため、福島県では避難者が16万人にのぼり、農業、漁業、林業や観光業をはじめ、あらゆる産業、経済への深刻な打撃が続いています。原子力規制委員会が24日公表した、全国16カ所の原発が事故を起こしたときの放射性物質拡散予測は、原発の危険性を目に見える形で明らかにしました。

福島原発の事故で放射能を浴びで(被爆して)死んだ人間はいない。

毎年のように台風が来て死者が出ている。天災ではなく人災だと言うのなら、交通事故では毎年数千人が死んでいるし(原発が稼働している数十年の間に何人の交通事故死があった?)、労働災害も公害でも死者が出ている。

でも、福島原発の事故で放射能を浴びで死んだ人間はいない。

   *        *        *

多数の避難者がいることは認める。しかし、死者がいない事も認めるべきだ。

原発の危険神話に囚われたまままでいるのはやめよう。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 反省しているか | トップページ | 自民党政権は良かった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/56007653

この記事へのトラックバック一覧です: 何度でも「死者ゼロ」と言う:

« 反省しているか | トップページ | 自民党政権は良かった »