« やっぱり風評被害 | トップページ | 取引しようよ »

2012年10月 1日 (月)

あと13年

あと13年

サーチナ:人口ピーク、2025年に14億人…世紀末には5-9億人=中国
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=1001&f=national_1001_057.shtml

上海社会科学院の左学金副院長はこのほど四川省成都市内で講演して、中国の国家建設と人口の問題について見通しを語った。中国の人口ピークは2025年前後に訪れ、14億人になる見通し。その後は減少に転じ、21世紀末には5億-9億人になる。総人口の減少とともに労働人口も減少するので、経済発展を技術進歩が主導する立場に切り替える必要があるという。中国新聞社が報じた。

なんだかんだ言っても国力は人口に比例します。教育レベルが同程度なら人数か多い方が強い。若くて働ける人間の割合が多い方が強い。

中国は、若い国でしたが急速に高齢化しています。そして人口のピークを13年後に向かえます。それ以降、どんどん老人の国になってゆきます。

中国が元気良く暴れられるのもあと10年~15年です。

  *        *        *

日本も楽観できる状態ではありませんけれど。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« やっぱり風評被害 | トップページ | 取引しようよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/55793503

この記事へのトラックバック一覧です: あと13年:

« やっぱり風評被害 | トップページ | 取引しようよ »