« 「全基地閉鎖」と「無慈悲な鉄槌」・「世界同時革命」 | トップページ | 山中教授以上に褒められるべき »

2012年10月 9日 (火)

頂点は裾野が広くないと高くならない

頂点は裾野が広くないと高くならない

日本経済新聞:「日本という国が受賞した」 山中教授の一問一答
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGG0802F_Y2A001C1000000/

――受賞の感想は。

心の底から思ったのは名目上は山中伸弥ともう一人の受賞になっているが、受賞できたのは、日本という国に支えられたから。まさにこれは日本という国が受賞した賞だと感じている。感想を一言でいうと感謝しかない」

「iPS細胞の研究はまだ新しい。医学や創薬において大きな可能性あるが、まだ本当の意味で医学や薬の開発に役立ったと言えるところまで来ていない。これからも研究を続けて一日も早く社会貢献、医学応用を実現しないといけない気持ちでいっぱいだ」

ジョン・ガードン博士と同時受賞になったのが一番うれしい。カエルの実験で大人の細胞が受精卵に戻ることを証明された。細胞の初期化という分野を開かれた先生と同じ賞をもらえるのは感慨深い

山中教授がノーベル生理学賞を受賞されました。おめでとうございます。うれしいです。

なにより喜ばしいのは、最近の研究であること、若い研究者であることです。ノーベル賞は評価が固まった研究にたいして行われるので、何十年も前の研究に対して、受賞者も高齢であることが多いのですけれど。

ここ数年、ノーベル賞の受賞が続き、日本の科学力が評価されて嬉しかったのではありますが、同時に、過去の栄光と言った感覚もあり不安にも感じていました。産業や経済の衰退、科学分野への投資の減少が起きていないか。科学力は衰退していないかと不安でした。

いまだって不安ではありますが、山中さんの受賞は、日本の科学力を改めて示しました。

  *        *       *

頂点は、裾野が広くないと高くなりません。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 「全基地閉鎖」と「無慈悲な鉄槌」・「世界同時革命」 | トップページ | 山中教授以上に褒められるべき »

コメント

>頂点は、裾野が広くないと高くなりません。
この辺の所は、安倍さんの食事にけちを付けているマスゴミにもかみしめてもらいたいですね。庶民感覚がないなんぞと言っても、視野の広さに役立たないのでは意味がないじゃないですか。
こういう人には、我々「庶民」にない広い視野が求められているのですよ。

投稿: DUCE | 2012年10月 9日 (火) 10時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/55850346

この記事へのトラックバック一覧です: 頂点は裾野が広くないと高くならない:

« 「全基地閉鎖」と「無慈悲な鉄槌」・「世界同時革命」 | トップページ | 山中教授以上に褒められるべき »