« 不謹慎ですが | トップページ | なんでこんなことするかな? »

2012年10月24日 (水)

取調べの全面可視化

取調べの全面可視化

河北新報 社説:PC遠隔操作事件/自白誘導の疑いこそ重大だ
http://www.kahoku.co.jp/shasetsu/2012/10/20121024s01.htm

少なくとも何らかの誘導がなければ、これほど詳しく作り話をすることはあり得ないのではないか。捜査員は「認めれば少年院に行かなくて済む」などと話していたという。それが本当なら、しゃにむに自白を得ようとしたとしか思えない。

自白偏重の捜査が数々の冤罪を生んできたのは明らかであり、今回の検証では特に虚偽の自供までの経緯を詳しく調べなければならない。

取り調べ状況をきちんと事後検証するためには、やはり録音・録画の全面的な導入が不可欠になる。行き過ぎた捜査を抑制するためにも、あらためて「可視化」を検討すべきだ。

自白したら処罰が軽くなる、というのはどこまで事実かは知らないが、自首した場合は罪が軽くなるし、裁判で反省してるかどうか問題になることもあるから、自白したら罰が軽くなるというのは多少かもしれないが正しいのだろう。

で、そういった事実があるとき、それを容疑者に伝えるのは間違いだろうか?

一歩間違えば自白の誘導になってしまうから間違い?それとも今後の展開の予測を伝えることは必要な情報公開だろうか。

  *        *       *

ところで、今回の事件によって取調べの全面可視化に弾みがつくことは間違いないだろう。では、全面可視化で、こういった自白の強要による冤罪はなくなるのだろうか。

私には疑問だ。

むしろ「ぬるい、もっと厳しく取り調べろ」といった感情的な世論が出てきてしまうのではないかという心配をしておくべきだ。

裁判員制度を導入して、刑罰は厳罰化の傾向があるそうだ。同じようになことが、取調べを可視化して起きる可能性はないだろうか。

  *        *       *

取調べの全面可視化で得られるものは、正しさではなく(情報公開されているのだから市民に判断されているという)お墨付きに過ぎないのではないか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 不謹慎ですが | トップページ | なんでこんなことするかな? »

コメント

黙秘権の禁止にすれば 可視化でも構わないと思う

投稿: 薩摩の昔船乗り | 2012年10月24日 (水) 11時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/55959406

この記事へのトラックバック一覧です: 取調べの全面可視化:

« 不謹慎ですが | トップページ | なんでこんなことするかな? »