« 先祖返り | トップページ | ガキ.... »

2012年10月22日 (月)

レアアースを思い出すと

レアアースを思い出すと

産経新聞:産経抄 10月22日
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/121022/biz12102203080002-n1.htm

▼先週発売の「サンデー毎日」で、「『脱中国ライフ』をやってみた」、とのタイトルが目に留まった。ただ中身といえば、立ち食いそば店で中国産を使わないと、月見そばでは卵しか残らないなどと、泣き言が目立つ。脱中国は、着実にしかも上手に進めていかなければならない。でないとかえって中国に、日本の依存を世界に宣伝する材料を与えかねない。

単純に引き算をすると「立ち食いそば店で中国産を使わないと、月見そばでは卵しか残らない」なんて結果になるのでしょう。でも、人間は状況に対応して様々な事を行います。レアアースでは、レアアースを使わない製品開発や中国以外の産出国を探したりと、急激に脱中国が進みました。

尖閣諸島の今回の問題では、中国がレアアースを脅しの材料に使わないのは、こういった事情があるそうです。

もし、現実的に中国が立ち食いそばの材料を売らないぞと脅しをかけてきたら、同じように代替品や代替の購入先を探したりといった事が進むでしょう。

  *        *       *

レアアースについて思ったのですが、日本企業は「レアアースの脱中国」について、(費用のかからない範囲の)研究だけは行っていたのではなでしょうか。でなければ、こんなに短期間でレアアースを使わない製品が市場に出てくるとは思えません。

いまの日中関係の状況からすると、中国に依存している業界や企業は、脱中国の研究というか、中国が輸出禁止的な措置をとったらどう対応するか研究しているでしょう(対応プランを作成しているでしょう)。でなければ、のんびりしすぎです。

  *        *       *

中国が禁輸措置をとったとしても、あんまり心配する必要はないように思います。

むしろ問題なのは、シーレーンの安全確保だと思います。全ての輸入が止まってしまえば、さすがにどうしようもありませんから。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 先祖返り | トップページ | ガキ.... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/55945325

この記事へのトラックバック一覧です: レアアースを思い出すと:

« 先祖返り | トップページ | ガキ.... »