« 何度でも「死者ゼロ」と言う | トップページ | それでも世界は終わらないんですけど »

2012年10月30日 (火)

自民党政権は良かった

自民党政権は良かった

読売新聞:「法案を人質、政治とかけ離れてる」…長谷川氏
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20121030-OYT1T01052.htm?from=ylist

経済同友会の長谷川閑史(やすちか)代表幹事は30日の定例記者会見で、特例公債法案の未成立で11月分の地方交付税交付金支払いが延期されたことに関して、「弱っている地方の経済に悪影響を与えることは避け、1日も早く成立させていただきたい」と要望した。

衆院解散の時期を巡る与野党の対立については「特例公債法案の承認を人質にとって政局に持ち込むということは、本来の政治のあり方とかけ離れている」と批判した。

自民党政権の時代にも野党は様々なものを人質に取って様々なものを要求した。でも、自民党政権は、よろめきながらも必要な施策は行った。つまりはボロボロになりながらも人質を取り返していたわけだ、自民党政権は。

民主党政権は取られた人質を取り返せない。そのまんま死なせてしまう。

自民党政権なら、マスコミに叩かれ野党にイジメられても特例公債法案を可決した。でも、民主党は特例公債法案を人質に取られてたらそのまんま死なせてしまう。

  *        *        *

自民党政権は「足が臭かったりする仕事できる人間」みたいな感じ。足が臭いとイジメると靴下脱いだり一生懸命足洗ったりして大騒ぎするけど、各方面に提出するべき書類は出して、みんなが困らないようにした。

民主党政権は「心が弱い人間」みたい。足が臭いとイジメてしまったら、書類や資料を持ったまま引きこもって周囲に迷惑かけまくる。本人しか知らないことがあるので、誰もフォロー出来ない。みんな困ってしまう。

  *        *        *

つくづく自民党政権時代は良かったと思う。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 何度でも「死者ゼロ」と言う | トップページ | それでも世界は終わらないんですけど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/56007801

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党政権は良かった:

« 何度でも「死者ゼロ」と言う | トップページ | それでも世界は終わらないんですけど »