« 言論の国と暴力の国 | トップページ | 弱気という刺激 »

2012年10月14日 (日)

オスプレイで負担軽減

オスプレイで負担軽減

朝日新聞:普天間、夜・早朝訓練4倍 オスプレイ近く本格運用
http://www.asahi.com/politics/update/1014/SEB201210130072.html

報告書は配備後の環境への影響について米側がまとめ、防衛省が6月に公表した。その内容を詳しく見ると、オスプレイが拠点とする普天間飛行場では全機種の年間訓練数が11%減の2万780回になる。だが、旧型ヘリとオスプレイでは、午後10時~翌午前7時の離着陸訓練回数は年76回から280回に増える。

全機種での訓練~これは負担全体と考えて良いのでしょうか~では、減る。部分的には増えている所もあるけど、オスプレイ配備で負担軽減ができると言うことでしょうか。

オスプレイ配備というインパクトのある言葉に踊らせて、負担が減る可能性を無視してはいけません。もちろん、訓練回数イコール負担ではないことにも注意が必要ですが。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)


2012/10/15 06:40 訂正
 訂正前:オスプレイ配備という員お悪と
 訂正後:オスプレイ配備というインパクト

|

« 言論の国と暴力の国 | トップページ | 弱気という刺激 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/55886617

この記事へのトラックバック一覧です: オスプレイで負担軽減:

« 言論の国と暴力の国 | トップページ | 弱気という刺激 »