« お笑い | トップページ | 中国は戦争できる?できない? »

2012年11月17日 (土)

消費税が原因じゃない

消費税が原因じゃない

中日新聞 社説:混迷の、その先へ 衆院解散、12・16総選挙
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2012111702000090.html

子ども手当の実現により社会全体で子どもを育てる理念はある程度定着し、外交文書公開など十分ではないが行政情報公開も前進した。無駄な公共事業の肥大にもとりあえず歯止めをかけた。

それらは自民党政権が続いていたらなし得なかった、民主党への「政権交代の果実」だろう。

にもかかわらず失望感が高いのは、マニフェストに明記されない消費税増税が強行されたからだ。

国民との契約は破られ、増税と一体であったはずの社会保障制度改革は先送りされた。行政や国会の無駄削減も十分ではない。多くの国民が消費税増税はいずれ避けられないと覚悟していたにせよ、民主党だけでなく政治全体の信頼をも失墜させた罪は極めて重い。

ちがうでしょ、民主党があまりに無能だったから、失望感が高いのでしょ。

最初の躓きは鳩山さんが普天間基地の移転について「国外、最低でも県外」と言った時から始まった。そんな事が出来るのかという疑いと期待、そして、その後の迷走と混乱。それもう忘れたのでしょうか、中日新聞は。

  *        *        *

八ッ場ダム、諫早湾の干拓、予算の組み換えで財源捻出。どれも現実の壁にぶち当たって行き詰まった。民主党が有能だったら、出来る事と出来ない事が区別できて、出来る範囲でみんなが幸せになる方法を見出しただろう。

しかし、結果はごらんの通り。

失望感が高いのは、消費税増税じゃなくて、民主党があまりに現実を知らなさすぎて起きたことを見ているからなんだ。

  *        *        *

政治は現実を扱うものだ。

民主党の失敗を消費税に矮小化することで、現実から目を背けてはならない。それでは自民党に代わり得る野党は育たない。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« お笑い | トップページ | 中国は戦争できる?できない? »

コメント

衆院解散 でプログ検索中です。
政治生命を賭ける と言い 消費税増税を 決めた野田総理 予算案の前に解散。
いろんな名前のついた解散劇となった。
野田総理の 国民に消費税増税を問う。とも聞こえてくるの私だけだろうか?
また選挙となりますね。票割れ選挙の恐れも ありますね。自公に逆戻りになる確立も 高いですね。今後の政権を占う~選挙~国民・みんなの党・太陽~ 政治研究会(名前検討中

投稿: 村石太レディ 愛知県から 発信 | 2012年11月17日 (土) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/56133882

この記事へのトラックバック一覧です: 消費税が原因じゃない:

« お笑い | トップページ | 中国は戦争できる?できない? »