« 大型倒産と連鎖倒産で大量失業者 | トップページ | リセット »

2012年11月24日 (土)

衝突は避けられない

衝突は避けられない

西日本新聞 社説:自民政権公約 実現への道筋見えにくい
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/335600

沖縄県・尖閣諸島の実効支配を強めるため「公務員の常駐や周辺漁業環境の整備」を明記した。教科書の検定をめぐって近隣国に配慮するとした「近隣諸国条項」の見直しも盛り込んだ。

アジア外交の立て直しは必要だが、中国や韓国をいたずらに刺激することにはならないか。そんな懸念も拭えない。

安倍自民党の外交政策、と言うか保守化する外交政策に不安を感じるのは理解できます。今までと違うし、相手に強気に出るわけですから。

しかし、こっちが下手というか大人しくしていても、結局、紛争になるのではないでしょうか。だって中国は周辺国と軋轢を起こしています。

47NEWS:中国新旅券に係争地記載 周辺諸国から抗議の声
http://www.47news.jp/CN/201211/CN2012112301001814.html

中国が最近発行した新旅券(パスポート)に、台湾の観光地の絵が使われ、中国の領土であるかのように扱われていたり、周辺諸国との係争地を中国領とする地図を記載したりしていることが分かり、台湾やベトナム、インドが23日までに、相次いで抗議した。

このパスポートには南シナ海の大半を自国領とする地図も記載されており、領有権を争うフィリピンが22日、中国に抗議したばかり。

韓国も中国も「譲ったら譲ったぶんより押してくる」し、中国は膨張しようとするので、結局、どうしたって中国や韓国とぶつかることは避けられないと理解しておくべきだ。

問題は、衝突するかどうか、ではなく、どんな衝突か、だ。

ならば、日本の立場を明確にしておく為に、「近隣諸国条項」の見直しや尖閣諸島の実効支配を強化するのは良いことではないか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 大型倒産と連鎖倒産で大量失業者 | トップページ | リセット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/56178262

この記事へのトラックバック一覧です: 衝突は避けられない:

« 大型倒産と連鎖倒産で大量失業者 | トップページ | リセット »