« どうみても劣化自民党 | トップページ | 一方、中国では。 »

2012年11月14日 (水)

民主政治の保証するもの

民主政治の保証するもの

CNN:急進派がスフィンクスとピラミッドの「破壊」呼びかけ エジプト
http://www.cnn.co.jp/world/35024363.html

カイロ(CNN) 急進派のイスラム指導者がエジプトの民間テレビ局の番組に出演し、世界遺産にも指定されたピラミッドとスフィンクスは破壊すべきだと発言した。

発言の主はイスラム指導者のモーガン・ゴハリ氏。10日、エジプトの民間放送局ドリームTV2の番組に出演し、もし自分たちが実権を握れば、スフィンクスとピラミッド5 件を躊躇なく破壊するだろうと語った。



CNNのベン・ウェデマン記者は、こうした発言がテレビで流れるようになった背景について、「熱狂の中で生まれたエジプト革命は、『パンドラの箱』のような様相を呈してきた」とし、希望だけでなく、急進主義や大衆扇動、犯罪、無秩序、恐怖などが入り混じり、誰も元に戻す術を持たないと解説している。

日本のサヨクというかマスコミというか、良く判らないけれど、空気のようなもの?に「民主主義は絶対善であり幸福を保証する」という気分があるように思う。

民主政治は他の政治体制に比べ良いものはあるけれど、幸福を保証はしない。

民主主義の保証するものは、政権の正当性けれど、幸福は保証しない。

そして、民主主義は、政治が決定したことの責任は国民にあることを保証する。

  *        *       *

今日、野田首相が16日に解散すると発言した。日本の主権は日本国民にある。主権があるという事は、最終責任が国民にあると言うことで言い訳は許されない。「マスコミに騙された、だから責任はありません」とか「○○党に騙された、だから責任はありません」なんて言い訳したら、「自分は騙されやすいバカで、政治に関わる能力はありません」と告白していることになる。

民主国家では国民に言い訳はゆるされない。最終責任は国民にある。そのことを忘れてはならない。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« どうみても劣化自民党 | トップページ | 一方、中国では。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/56114745

この記事へのトラックバック一覧です: 民主政治の保証するもの:

« どうみても劣化自民党 | トップページ | 一方、中国では。 »