« 王様は裸だ | トップページ | 「自衛隊」という名称は政治的妥協の産物 »

2012年11月26日 (月)

関西経済は沈む?

関西経済は沈む?

47NEWS:滋賀県知事、27日に新党表明 脱原発勢力が連携加速

http://www.47news.jp/CN/201211/CN2012112601001190.html

国民の生活が第一や「みどりの風」など脱原発路線を掲げる第三極勢力が26日、衆院選に向け連携を加速させた。滋賀県の嘉田由紀子知事(62)は原発依存脱却を掲げて新党結成を27日に表明する方向。「減税日本・反TPP・脱原発を実現する党」(脱原発)を含め、合流を将来の課題とし衆院選比例代表での統一名簿の可能性を検討している。日本維新の会(石原慎太郎代表)と一線を画す第三極勢力結集につながるとの見方も出ている。

橋下大阪市長といい嘉田由紀子滋賀県知事といい、関西には(関西にも)脱原発を主張する首長が多いように感じます。しかし、それでは関西経済は沈むでしょう。何故なら関西電力は原発依存度の高い電力会社だからです。

読売新聞:関電が値上げ申請、九電も申請へ…全国に波及か
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20121126-OYT1T01132.htm?from=to

関西電力は26日、電気料金の値上げを政府に申請した。

値上げ率は、家庭向け電気料金が平均11・88%、認可が不要な企業用が同19・23%で、いずれも来年4月1日の実施を目指す。政府の認可が必要な本格値上げは、第2次石油危機後の1980年以来、33年ぶりとなる。九州電力も27日に家庭用で8・5%程度の値上げを申請する予定。四国、北海道、東北電力も値上げを検討しており、値上げの動きが全国に広がりそうだ。

長期的には判りません。しかし、短期的には脱原発は電力不足と電力料金の高騰を招きます(原発に替わり得る発電所を作るにしても時間がかかりますし、化石燃料の費用は誰かが負担しなければなりません)。関西経済にとってマイナスでしかありません。

  *        *        *

脱原発・反原発は鳴り物いりのデモでわかりやすいですが、企業の流出はひっそりと起こります(経営者は工場移転するときにデモなんかしませんし、派遣や期間工の募集を止めるのだって騒いだりしません)。気がついたら関西経済は沈んでいましたってことになりかねません。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 王様は裸だ | トップページ | 「自衛隊」という名称は政治的妥協の産物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/56198426

この記事へのトラックバック一覧です: 関西経済は沈む?:

« 王様は裸だ | トップページ | 「自衛隊」という名称は政治的妥協の産物 »