« 先入観 | トップページ | 外交安全保障政策の有効期限切れ »

2012年11月21日 (水)

円安は歓迎だけれど

円安は歓迎だけれど

ロイター:ドル81円後半、貿易赤字拡大で円が幅広い通貨に対して下落
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE8AK01L20121121

正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べドル高/円安の81円後半。この日は本邦10月の貿易赤字が予想を上回る幅で拡大したことをきっかけに、円が幅広い通貨に対して下落した。ただ、ドル/円では、オプション関連の売りや輸出企業の売りに阻まれ、82円にはあと一歩及ばなかった。

円安になると輸出企業の業績にはプラスだし、内需中心の企業にしても輸入品との価格競争に有利になる。その点では円安は歓迎だ。

しかし、理由が良くない。「貿易赤字拡大」は良くない。数ヶ月、2~3年なら良いけれど、長期に渡って貿易赤字になるということは、日本全体が貧乏になるってことだから。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 先入観 | トップページ | 外交安全保障政策の有効期限切れ »

コメント

原発稼働させればいい 良いチャンス 国民も理解するよ

投稿: 薩摩の昔船乗り | 2012年11月22日 (木) 10時05分

まずは、原発再稼動して石化燃料輸入増加を止めない限り、貿易赤字は減りません。その意味で、このタイミングで大幅な円安は危険です。
再生可能エネルギーで先端工業技術は支えられません。

投稿: ednakano | 2012年11月22日 (木) 17時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/56163243

この記事へのトラックバック一覧です: 円安は歓迎だけれど:

« 先入観 | トップページ | 外交安全保障政策の有効期限切れ »