« 福島原発事故の教訓で忘れてはならないこと | トップページ | 予算の組み換え・政治主導・田中真紀子 »

2012年11月 5日 (月)

「自民党化」したから政権が獲れた事を忘れるな

「自民党化」したから政権が獲れた事を忘れるな

しんぶん赤旗:民主党「中道」言い出したが… 「いまさら」の声も 「自民党化」をごまかし
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-11-05/2012110502_02_1.html

民主党の「自民党化」で、玉突きとばかりに自民党がいっそう右寄りとなったことを利用して、違いを押し出し差別化をはかろうというのです。

しかし、2009年総選挙の公約をことごとく投げ出し、公約違反の消費税増税を自民・公明両党との談合で進めたり、米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)の「移設」問題では辺野古新基地建設(同県名護市)に逆戻りするなど、完全に自民党化しておいて、いまさら「中道」といっても説得力はありません。

民主党を離党した沖縄選出議員は、「自民党野田派といわれて、『自民党とは違う』といいたいのだろうが、民主党がやってきたのは自民党と同じか、自民党でもやれなかったようなこと。言葉だけで中道だといっても国民には理解されない」と批判します。

民主党は「中道」だったり「集団的自衛権に反対」だったから政権を獲れた訳ではない。

自民党対社会党の時代を思い出そう。自民党に不満があっても非武装中立の憲法九条護持の社会党では日本の安全が守れない、そういう時代だった。政権交代前、民主党の外交政策は旧社会党のほど非現実的ではないように見えた。

実際、稚拙ではあっても非武装中立ほど非現実的ではなかった。

稚拙、ということは実現出来ないという意味においては同じだけれど。

さて、ここで外交において稚拙さを見せつけた民主党が自民党に対する形で、「中道」を言う。

支持されるだろうか?

  *       *        *

元々、民主党の胡散臭さを感じて投票対象に考えていなかった自分の意見なので、民主党には辛めでは、「中道」にしたところで支持が得られるとは思えません。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 福島原発事故の教訓で忘れてはならないこと | トップページ | 予算の組み換え・政治主導・田中真紀子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/56050372

この記事へのトラックバック一覧です: 「自民党化」したから政権が獲れた事を忘れるな:

« 福島原発事故の教訓で忘れてはならないこと | トップページ | 予算の組み換え・政治主導・田中真紀子 »