« 希望 | トップページ | 安倍さんの金融政策を誤解しているのですか? »

2012年11月23日 (金)

脱原発・10年後

脱原発・10年後

読売新聞:「自民のエネ政策は意味不明、逃げてる」枝野氏
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2012/news1/atmoney/20121122-OYT1T00652.htm

枝野経済産業相は22日の閣議後記者会見で、自民党が衆院選政権公約に盛り込んだエネルギー政策で「10年以内に新たな安定供給構造を示す」としたことに対し、「なぜ10年かかるのか意味不明だ。逃げているとしか思えない」と厳しく批判した。

10年たってガンも奇形児も増えないことをみんなが納得してもらおうと言う話じゃないかな。いや、実際、増えないことは確実だし、いま避難地域になっているところにだって普通に住んでも問題が出るかと言われたら(チェルノブイリの事故などの経験や動物実験などの結果から)出ないだろうと私は判断している。しかし、不安に思う方々(あるいは不安を煽る方々)がいることも事実だ。

そういった方々の不安を解消するまで、判断を先送りするというのはアリなんじゃないか。

   *        *        *

「なぜ10年かかるのか意味不明だ。逃げているとしか思えない」

悪い言葉で言えば「ほとぼりの冷めるまで」、そうでなければ「原発事故で放射能で死ぬ事はほとんどない、むしろ過剰避難の害や風評被害の方が遥に大きい、と納得するまで」、そこまでなるには10年かかるのではないだろうか。

いま「福島原発事故の放射能で死んだ人間は一人もいない」と言っても、不安にかられる人々の耳には入らないだろう。その状態で脱原発を決め、原発技術を失い、そして10年たって「あれ、結局、漏洩した放射能じゃ死んでないじゃん」「事故直後から判っていたんだって? なんでそんな時に脱原発を決めたんだ」って事になるのは避けたい。

   *        *        *

10年先への先送りは脱原発派からすると「逃げている」ように見えるかも知れない。しかし、私には、脱原発派は放射能の本当の被害の小ささから目を背けている。つまり現実から感情へ「逃げている」ように見える。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 希望 | トップページ | 安倍さんの金融政策を誤解しているのですか? »

コメント

新しい発電方法を見つけるのにも十年くらいは懸かるだろうな 

投稿: 薩摩の昔船乗り | 2012年11月23日 (金) 10時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/56171314

この記事へのトラックバック一覧です: 脱原発・10年後:

« 希望 | トップページ | 安倍さんの金融政策を誤解しているのですか? »