« 誤った純化 | トップページ | 円安は歓迎だけれど »

2012年11月21日 (水)

先入観

先入観

朝日新聞:石原代表「豪華客船の沈没思い出す」 講演・会見の要旨
http://www.asahi.com/politics/update/1121/TKY201211201023.html

――石原氏はナショナリストだと思われている。軍事力を強化するより外交を追求した方がいいのではないか。

「軍事的な抑止力を強く持たないと、外交の発言力はない。今の世界の中で核を持っていない国は外交的に圧倒的に弱い。核を持っていないと発言力は圧倒的にない。防衛費は増やさないといけない。私は、核兵器に関するシミュレーションぐらいやったらいいと思う。これは一つの抑止力になる。持つ持たないは先の話だけど。(これは)個人(意見)です」

私の偏見かもしれないが、この記者の質問に偏見を感じる。

ナショナリストは戦争が好きだという偏見、軍事力と外交力は対立するという偏見。

   *        *        *

ナショナリストとは、民族や国家を重視するということにすぎない。ナショナリストだから好戦的という事にはならない。

もっとも、何かの主義主張を持った人間は、例えそれが反戦や平和だとしても、自分の信じる主義主張の為に戦うので、そうでない人間よりも闘争的であるとは言える。ナショナリストはノンポリよりも闘争的かもしれないが、反戦活動家より闘争的かと問われれば、どっちもどっちだ。

   *        *        *

また、人間と人間の交渉は、なんらかの実力を背景に行われる。実力ゼロの人間は交渉能力ゼロだ。但し、実力には暴力や経済力だけではなく、評判やイメージも含まれる。だからダライ・ラマのような立場の人間も交渉力を持つ。

とは言えども、評判やイメージは万人に理解できるものではない。しかし、経済力(カネ)や軍事力(暴力)を理解できない人間はいない。

背後に軍事力があるかないかで外効力は大きく違う。

軍事力と外交力は相互に対立するものではなく、相互に補完するものだ。

   *        *        *

ところで核保有について言うならば、私は、核兵器を保有するための様々なシミュレーションを行う事に賛成だ。

日本を核で脅すと核保有に走るかもしれないという可能性を見せつけることは、核で脅す事に対する抑止力になると思うから。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 誤った純化 | トップページ | 円安は歓迎だけれど »

コメント

北朝鮮が良い例 核持った米国お手上げ
外交は力と力 北朝鮮はだから拉致した人々を帰さない 軍事力で日本より上 もしくは憲法九条 戦争出来ない

投稿: 薩摩の昔船乗り | 2012年11月21日 (水) 12時31分

お得意のレッテルはりですから、なんともあれですね。
「平和主義者が戦争を起こす」をいつも思い出しますよ。
多分、こういう素晴らしい方々が悦に入って、ホットスポットに燃料投入するんですよ。ちょうど付近で油探ししてますし。
「無人島」の次は沖縄なんですがね。

投稿: ohsui | 2012年11月22日 (木) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/56158436

この記事へのトラックバック一覧です: 先入観:

« 誤った純化 | トップページ | 円安は歓迎だけれど »