« 消費税が原因じゃない | トップページ | バカでしょ »

2012年11月18日 (日)

中国は戦争できる?できない?

中国は戦争できる?できない?

レコードチャイナ:中国の人口、男女比率に大きなゆがみ=独身男性の急増が社会問題を引き起こす―米メディア
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=66519&type=

出産に関して、中国、特に漢民族は歴史的に男の子を重視する傾向が強かった上に、一人っ子政策によって男の子重視の傾向に拍車が掛かった。さらに、医療技術の発展によって胎児の性別を簡単に判別できるようになり、女児の場合には人工的に流産させるケースが増加した。その結果、2020年には結婚適齢期の人口のうち、男性が女性よりも3000万人も多くなるとみられている。

独身男性の増加によって、様々な問題が発生することが予想される。経済学者レナ・エドルンド氏は「性別比の差が1ポイント増加するごとに、暴力や犯罪が6ポイント増加する」と指摘した。男女比率のゆがみが著しい中国の一部地域では、賭博やアルコール中毒、麻薬中毒、誘拐、婦女売買などが増加しているという。

中国は日本以上の勢いで少子高齢化社会へと進んでいます。少子高齢化した社会は(国家は)戦争できません。というか戦いを望まない穏やかな社会になります(言い方を変えれば「停滞した社会」ですが)。

しかし、一方で、男が多く女の少ない社会は闘争的に、つまり戦争しやすい社会になります。

中国は「男が多い少子高齢化社会」になります。彼等は戦争を好む国家になるのでしょうか、それとも戦争を避けようとする国家になるのでしょうか。

  *        *        *

好戦的な活力の乏しい国家(「怒りっぽい老人」のような国家)になってしまうと、国は滅びるでしょう。日本にとっては、日本以外の国と戦争して滅んで分裂してくれると有難いのですが。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 消費税が原因じゃない | トップページ | バカでしょ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/56133969

この記事へのトラックバック一覧です: 中国は戦争できる?できない?:

« 消費税が原因じゃない | トップページ | バカでしょ »