« 日本でやったらどうなる? | トップページ | 日本人だなぁ »

2012年12月 7日 (金)

「女性差別解消」は遠い

「女性差別解消」は遠い

Yahooニュース:ジェンダー政策、政党間で大きな違い=女性グループがアンケート
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121207-00000172-jij-soci

上野さんらは「脱原発に積極的な党ほど、女性差別解消にも積極的であることが分かった。日本は男女の賃金格差、女性の政治家や管理職が国際的にも著しく低いなど、不平等な実態があるにもかかわらず、ジェンダー政策が争点になっていないことは問題。この結果を有権者の判断材料にしてほしい」としている。

残念ながら「女性差別解消」への道は遠いようだ。

今回の総選挙で脱原発を主張する政党は人気がない。しかし、世論調査をすると脱原発に賛成する意見が多い。世論は脱原発に賛成しながら、脱原発を主張する政党に支持が集まらないのは何故だろうか。

それは、脱原発を主張する政党に現実的なプランが無いから、胡散臭いからだ。

それを思いながら「脱原発に積極的な党ほど、女性差別解消にも積極的であることが分かった」という言葉を聞くと気分が暗くなる。

胡散臭い政党・夢物語しか喋れない政党ほど「女性差別解消にも積極的」だとしたら「女性差別解消」が出来る日は来るのだろうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 日本でやったらどうなる? | トップページ | 日本人だなぁ »

コメント

管理人さんが仰る事が分かるつもりなので、
誤解のないようお願いしますね。

ジェンダー論()は今や排他的な偽議論と思います。
女性は女性である前に生物で、メスですから、男性と女性の間にある
脳をはじめとする体の構造の差異を前提にしなければ、
議論として体をなしていないと思います。「子育て」も然りです。

上野先生がご心配なさらずとも、小池百合子さんが要職にお就きになるでしょうし、丸山珠代さんも華々しく大活躍されていますよ。
原発?エネルギー政策が語れない政治家に未来はありません。

投稿: ohsui | 2012年12月14日 (金) 12時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/56272508

この記事へのトラックバック一覧です: 「女性差別解消」は遠い:

« 日本でやったらどうなる? | トップページ | 日本人だなぁ »