« 細かい行為が | トップページ | 民主党の衰退がとまらない »

2012年12月14日 (金)

日本の「リベラル」はおかしくないか?

日本の「リベラル」はおかしくないか?

朝鮮日報:衆院選:河野元衆院議長ら、日本の右傾化を懸念
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/12/13/2012121300337.html

日本で今月16日に行われる衆議院議員総選挙で、戦争を禁止する「平和憲法」の改正や再武装を主張する自民党の政権獲得が確実視される中、国粋主義がまん延する現象を懸念する声が高まっている。毎日新聞をはじめとする日本メディアが最近行った世論調査の結果、極右的な政策を主張する自民党と日本維新の会が、憲法改正が可能となる衆議院の議席の3分の2を占める可能性が高くなったためだ。その上、自民党の候補者の38%、日本維新の会の候補者の77%は、日本が核武装を検討すべきと考えるなど、極右的な傾向が強い。

自民党に所属していた河野洋平・元衆議院議長は12日、朝日新聞とのインタビューで、同党の改憲論に対し「戦後の日本を全面的に否定するのは『保守』ではない。国粋主義や安っぽい民族主義を掲げる発言が、国際的に通用するのか、とても心配だ。現在のように右傾化が進行すると、リベラル(自由主義)勢力は全滅するかもしれない。右傾化にブレーキを掛ける必要がある」と述べた。

「日本が核武装を検討すべきと考えるなど、極右的な傾向が強い」

核武装を見当したら極右なら、実際に核兵器開発を進める北朝鮮は超極右でしょうか、そして実際に核兵器を持っている中国やロシアは超々極右でしょうか。

国連の常任理事国はみんな核兵器を保有していますから、国連は極右に牛耳られた組織ということになります。

核武装を言ったら「右翼」というのは、おかしいです。

しかし、日本では「右翼」は軍事に積極的で、「左翼」は軍事について考えることも拒否するぐらい、軍事に否定的です。

日本の左翼やリベラルは軍事を拒否しますが理解できません、日本的言霊的感覚で軍事を拒否するのは理解可能なのですが(良いことだとは思いません)。

   *      *      *

「リベラル(自由主義)勢力は全滅するかもしれない。右傾化にブレーキを掛ける必要がある」

右傾化にブレーキをかけるなんて言う前に、左翼・リベラルの政治を行ったら幸せになるという積極的な、そして現実的な政策を提示するべきだ。

他人の批判ばかり、他人の足を引っ張るばかりの人間は支持されない。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 細かい行為が | トップページ | 民主党の衰退がとまらない »

コメント

第二次世界大戦におけるソ連の軍国ぶりはすさまじい物があって、ドイツですらもそれ以下の有様で、日本にいたっては軍国と称する事がなにやら冗談としか思えません。
いまだに我が国を軍国主義と称するやからは、死那強姦酷やそれに同心する左巻きでして、それだけにソ連を旗頭とする共産主義の悪行に対しては万事スルーですからね。

投稿: DUCE | 2012年12月14日 (金) 20時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/56314287

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の「リベラル」はおかしくないか?:

« 細かい行為が | トップページ | 民主党の衰退がとまらない »