« 「戦争に加担」? | トップページ | 米兵の「特権意識」を生んでいるのは »

2012年12月30日 (日)

原子力発電所の安全性は証明されているのではないか

原子力発電所の安全性は証明されているのではないか

日本経済新聞 社説:原発の安全確かめ電力不安を拭え
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO50184390Q2A231C1PE8000/

日本経済が停滞から脱し、再び成長軌道に乗るには、エネルギーの安定確保がきわめて重要だ。安倍政権は原子力発電所の安全性の確認を急ぎ、電力の供給不安を解消するエネルギー戦略を早く示してほしい。

自民党は衆院選で「すべての原発で再稼働の可否を3年以内に判断する」「(原発の比率など)電源構成は10年以内に決める」と公約した。茂木敏充経済産業相は民主党政権が「2030年代に原発ゼロをめざす」としたエネルギー戦略を見直す考えも明言した。

原発には事故を起こさないという「安全神話」があった、同時に、一度事故が起きたら何万人も死んだりガンになるという「危険神話」もあった。

福島原発事故は安全神話を壊してしまったが、同時に、結局、誰も放射能漏洩では死んでいないという事実によって「危険神話」も崩壊させていないか。

警戒区域の20ミリシーベルトは厳しすぎないか。誰も死なないのに健康被害を受けていないのに、風評被害ばっかりなのに。

「原子力発電所の安全性の確認を急ぎ」

事故を起こさないという安全性も大切だけれど、事故が起きたときの被害予測も大事だ。福島原発事故は、その意味で、人命は失われていないという事実でもって原発の安全性を証明しているのではないか

既に安全性は確認されている。

原発を止めておくのは愚かしいことに思えてならない。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 「戦争に加担」? | トップページ | 米兵の「特権意識」を生んでいるのは »

コメント

 IAEA?の基準では100ミリシーベルトまでは大丈夫だと聞いたような気がします。先の政権はとにかく日本の国力を何とか弱めて中国・韓国・北朝鮮3国に寄与する政策を強力に推進したと思います。
 原発問題も過去の行政も失敗だったこともありますが放射能に対する国民のアレルギーを利用して原発停止をしているように思います。原子力委員会?による活断層問題も設立時の基準5万年前から10万年、40万年前と基準をだんだん厳しくして稼動停止が目的化しています。
 活断層の可能性があると主張されては誰もないと否定ができません。
 40年前の活断層がダメなのなら日本の上に建物は構築できないでしょう。山本××のように日本脱出しかありません(もうあのバカはでていったのかな?)。国民のアレルギーを良いことに基準を持て遊ぶ科学者は不要です。政治屋ではないですか?

投稿: しょうちゃんのつぶやき | 2012年12月30日 (日) 12時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/56422494

この記事へのトラックバック一覧です: 原子力発電所の安全性は証明されているのではないか:

« 「戦争に加担」? | トップページ | 米兵の「特権意識」を生んでいるのは »