« だめかなぁ民主党 | トップページ | 民主主義の良いところ »

2012年12月26日 (水)

地理的条件がありますから

地理的条件がありますから

琉球新報 社説:全首長首相要請へ 基地政策で新生自民示せ
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-200684-storytopic-11.html

民主党が政権を担った3年余で、沖縄の自民党を中心とする保守層は変わった。いや、覚醒したとするのが的確だろう。過重な基地負担を沖縄に押し付けたまま見て見ぬふりをする、この国のひずみをまざまざと見せつけられたからだ。

民主党政権は、自民党政権時代から連綿と続いてきた沖縄に対する「構造的差別」を顕在化させた。今度は自民党が構造的差別を解消する番だ。

沖縄に軍事基地が集中するのは、沖縄の地理的条件によるところが大きい。沖縄が「軍事的な平等」を求めるのは、気持ちとしては理解できるが、無理がある。中国が軍事的な攻撃をするときに、沖縄から攻撃しようとするのは当然だろう。平等に札幌・東京・名古屋・大阪も攻撃してください、と言っても冗談にしかならない。

   *        *        *

沖縄が現実的な対応をすること、理想を求めて最悪を選択することのないように願う。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« だめかなぁ民主党 | トップページ | 民主主義の良いところ »

コメント

この種の物で平等と言う物があるとすれば、征服を伴わない、航空機による爆撃かミサイルでの攻撃と言う事になりますが、前者の場合でも、航空機の航続力次第ですから、それにふさわしい基地を確保する必要がある訳でして、結局、自分の所から近い所から攻めると言う、いにしえからの常識から逃れられないのですよ。

投稿: DUCE | 2012年12月26日 (水) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/56396389

この記事へのトラックバック一覧です: 地理的条件がありますから:

« だめかなぁ民主党 | トップページ | 民主主義の良いところ »