« 戦う?戦わない? | トップページ | 敵の敵は味方 »

2012年12月10日 (月)

小沢さんの終焉

小沢さんの終焉

朝日新聞:小沢一郎氏、公示日以来の街頭演説 ハト派前面に
http://www.asahi.com/politics/update/1210/TKY201212100373.html

だが、結党間もない未来の知名度不足は否めず、候補者の一人は「街頭で政策と党名を訴えるしかない」と厳しい表情だ。こうした情勢を踏まえ、小沢氏は12日まで首都圏を中心に遊説などを行い、未来のテコ入れに乗り出す考えだ。小沢氏側近は「これから小沢さん本人が動く。小沢さんだけで500万票はとれる」と期待を寄せる。

乾坤一擲の作戦、社運をかけたプロジェクト、国家の存亡をかけた戦術、あるいは秘密兵器、こういったものはたいてい失敗する。だって、本当の実力のある会社や組織や国家は、ギリギリになって秘密兵器を出したり、負けそうになってから秘密作戦を実行するような博打をしたりしない。

100%の勝利は得られなくても70%、80%の勝利を確実に得るようにする。

最初から、確実に、そこそこ勝つようにする。

劣勢になって作戦を変えた、出さないつもりの武器や人材を出した、これは負けフラグだ。

  *        *        *

「小沢氏側近は『これから小沢さん本人が動く。小沢さんだけで500万票はとれる』と期待を寄せる」

ダメでしょう。

小沢さんの真価は舞台裏にある。今回の選挙で言えば嘉田さんを担ぎ上げて日本未来の党を立ち上げたとこと。これで旧民主党であることは目立たなくなった。

小沢さんは、舞台裏で働き、裏方としての実力は証明されているけれど、表舞台に立って国民に訴えかけ、説得する能力については全く実績がない。その小沢さんが遊説したとしても、良くて効果は未知数、悪くすると「こんなもんか」と失望されて組織自体の瓦解をまねくだろう。

  *        *        *

私は小沢さんを選挙上手として評価する。しかし、政治思想、あるいは国民を鼓舞する能力については全く評価しない。

小沢さんが表に出て遊説を行い、結果、惨敗し、小沢神話(小沢さんに対する幻想)が終焉することを望むし、そうなるだろう。

夢は終わるべきだ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 戦う?戦わない? | トップページ | 敵の敵は味方 »

コメント


テレビ 新聞で 自民党 圧勝の支持率ですね。
このままだと 自民が 過半数を 決めて、衆議院を 決めたところは 参議院も 決めるという説もあるとか?
そうすると 自民党の公約の政策を 始める日本ですね。
民主党に関しては ネット見ていると 不人気ですね。
少し ホローしたいけれど やめときます。
第3極も 今のところ 議席過半数に なる ことは ない支持率ですね。
第3極で 終結するとしたら 未来の党になるかなぁ
消費税増税反対 TPP反対 脱原発 
脱原発に関しては ある程度の政党は 脱原発かなぁ
オザワさん 岩手県出身 亀井さん 広島出身 滋賀県には 3つ原発があるのかなぁ。
TPPにしても 国防費についても 20年か30年前から 政治で やっていますね。
今すぐ 政策に進むというのも 心の準備が できていない私です。
国防軍とか 老人達に 聞きたいです。
消費税増税も TPPも 失業者が かなりでるのかなぁ?
国の税収(歳入)は やれるのかなぁ?もっと増税~ないと願います。
このままでは 自民党政策ですね。

投稿: 村石太ダー&コピペマン | 2012年12月12日 (水) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/56295163

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢さんの終焉:

« 戦う?戦わない? | トップページ | 敵の敵は味方 »