« 祝意 | トップページ | 中国の脅威(迷惑?)がまたひとつ »

2012年12月22日 (土)

安倍さんはケンカは嫌い?

安倍さんはケンカは嫌い?

NHK:安倍総裁 竹島式典見送りで調整
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121221/k10014362761000.html

自民党の安倍総裁は、山口市で記者会見し、党の衆議院選挙の政策集に盛り込んだ政府主催の「竹島の日」を祝う式典について、来年からの開催は見送る方向で調整する考えを示しました。

自民党は先の衆議院選挙の際に、今後の政策課題を盛り込んだ政策集を発表し、この中では島根県が「竹島の日」としている2月22日に政府主催で式典を開催するとしています。

時事通信:監視船3隻、領海侵入=国有化後19回目-尖閣沖
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012122100405

沖縄県石垣市の尖閣諸島沖で21日午前10時20分ごろ、中国の海洋監視船3隻が日本の領海に侵入した。中国公船による同諸島沖の領海侵入は16日以来で、国有化以降19回目。

竹島問題は実質的に何か出来る状況ではありません。仮に竹島に対して武力を行使したら、「アメリカの同盟国に対する武力攻撃」になってしまいます(日米同盟があるように米韓同盟もあります)。米韓同盟が破棄されるまで、日本は竹島に実力行使はできません。経済制裁も同様。

竹島問題についての事は、実質ではなく言葉での応酬以上のことは出来ないのです。対馬についても同じこと。韓国の誰かが「国内旅行」として対馬に行ったとしても、日本の入国審査を受けてパスポートにスタンプを押してもらっって入国するのです。

言葉だけのことしかできません。

しかし、尖閣諸島は違います。

   *        *        *

安倍さんの思想信条はともかくとして、小泉さんを引き継いだ前回の安倍さんの政権は中国に対して融和的でした。

靖国参拝は実質というよりはシンボルであり言葉の世界の問題でした。

シンボルが実質より軽いとは言いませんが、実質の世界で失ったらシンボルや言葉の世界では取り戻せません。

幸い、アメリカは尖閣諸島では日本側に立っています。

安倍さんが実質の世界でヘタレないことを望みます。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 祝意 | トップページ | 中国の脅威(迷惑?)がまたひとつ »

コメント

失礼だけど 彼安倍氏にはご子息が居られません 美しい日本を後世に残すと為う力が足り無いのではと

投稿: 薩摩の昔船乗り | 2012年12月22日 (土) 11時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/56366613

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍さんはケンカは嫌い?:

« 祝意 | トップページ | 中国の脅威(迷惑?)がまたひとつ »