« ユートピアは実在せず | トップページ | 今年もありがとうございました、来年もよろしくお願いします »

2012年12月31日 (月)

犠牲と受益

犠牲と受益

琉球新報 社説:2012年回顧/差別実感させられた年 犠牲の強要はね返そう
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-200905-storytopic-11.html

一方、垂直離着陸機MV22オスプレイ強行配備、悪質な米兵事件続発など、沖縄は今年も基地被害に苦悩した。変わるものと変わらぬものが交錯した1年とも言える。復帰40年を経てなお続く沖縄への基地集中は紛れもなく差別だと実感させられた年でもあった。

ふ~ん。

沖縄に在日米軍基地の負担が集中していることは知っている。では、米軍があることの利益を沖縄は得ていないのだろうか。いや、経済的なこともそうかもしれないけれど、日米安保や在日米軍基地があるから中国からの圧力に屈服しないでいられるという事を意識しているのだろうか。

もし、沖縄の在日米軍基地が本土に移転して、沖縄の基地負担が全国平均レベルになって、結果、米軍における沖縄の価値が減少し、中国の圧力に日本だけ、極端なケースでは沖縄だけで対抗しなければならなくなったらどうするんだろうか。

  *        *        *

沖縄は基地負担に苦しんでいると同時に、日米安保の最大級の受益者だ。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« ユートピアは実在せず | トップページ | 今年もありがとうございました、来年もよろしくお願いします »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/56436925

この記事へのトラックバック一覧です: 犠牲と受益:

« ユートピアは実在せず | トップページ | 今年もありがとうございました、来年もよろしくお願いします »