« コンクリートから人へ | トップページ | 自民党が劣化して民主党、その民主党の劣化版が日本未来の党 »

2012年12月 3日 (月)

もっとやれ

もっとやれ

読売新聞:米上院の「尖閣に安保適用」に中国「断固反対」
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20121203-OYT1T00967.htm?from=top

中国外務省の洪磊(ホンレイ)副報道局長は3日の定例記者会見で、米上院が日米安全保障条約の尖閣諸島への適用を確認した国防権限法案の修正案を可決したことについて、「断固として反対する」と述べた。

アメリカの結んだ条約をアメリカがどう運用するかは、アメリカが決めることです。それを横から物言いすることは反発を買うだけに思えます。アメリカは脅しに屈する国ではありませんから(妥協や取引はします)、アメリカは中国に対する警戒心を強くするだけでしょう。

ところで、数日前にこんなニュースがありました。

産経新聞:中国「ハワイ領有権も主張できる」 米国務長官、協議の一幕明かす
http://sankei.jp.msn.com/world/news/121130/chn12113020080006-n1.htm

クリントン米国務長官は11月29日、ワシントン市内で講演した際の質疑応答で、過去に南シナ海の領有権問題を中国と協議した際、中国側が「ハワイ(の領有権)を主張することもできる」と発言したことを明らかにした。長官は「やってみてください。われわれは仲裁機関で領有権を証明する。これこそあなた方に求める対応だ」と応じたという。

協議の時期や詳細には言及しなかったが、20日の東アジアサミット前後のやりとりの可能性もある。仲裁機関は国際司法裁判所(ICJ)を指すとみられる。

ハワイがアメリカの一部であることに疑義が無いとは言いませんが(ハワイ王国がアメリカの一部となる過程で侵略的な行為が無かったとは思いません)、アメリカがハワイを領有し続けて何年でしょうか、アメリカのハワイ併合は1898年ですから1世紀以上たっています。それに対して中国が「ハワイ(の領有権)を主張することもできる」なんて言ったらどうなるでしょうか。

  *        *       *

中国がアメリカにつっかってくれると、アメリカが中国を敵国認定してくれそうでありがたいです。もっとやってほしいくらいです。

日本としては中国とアメリカから同時に攻められたらどうしようもありませんが、米中が激突し、日本がアメリカ側に立つのなら、なんとか生きのびられそうですので。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« コンクリートから人へ | トップページ | 自民党が劣化して民主党、その民主党の劣化版が日本未来の党 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/56245789

この記事へのトラックバック一覧です: もっとやれ:

» 橋下徹は大量殺人鬼 [日本の狂った反日スポーツライターたち]
拙ブログにお越し頂きありがとうございます。 ↓のエントリー(青文字部分をクリック [続きを読む]

受信: 2012年12月 3日 (月) 21時12分

« コンクリートから人へ | トップページ | 自民党が劣化して民主党、その民主党の劣化版が日本未来の党 »