« 淡々と冷静に配備すべき | トップページ | 戦場に送るな、じゃなくて »

2012年12月 5日 (水)

未来の党の実務者能力を疑う

未来の党の実務者能力を疑う

朝日新聞:未来の届け出、午後5時ギリギリ 選管で泣くスタッフも
http://www.asahi.com/politics/update/1205/TKY201212040951.html

東京・霞が関の総務省・中央選挙管理会。衆院選比例区の届け出会場で、締め切り間際に記者が目撃したのは。

4日午後4時すぎ。締め切りまで1時間を切っても、日本未来の党が提出する予定の比例11ブロックの立候補届け出書類のうち、北陸信越ブロックしか届いていない。ほかの主要政党は軒並み朝のうちに手続きを終えていた。



午後5時。締め切りの合図で両開きのドアが閉まる瞬間、隙間から男性2人が届け出書類を手に飛び込んできた。



ぎりぎりの時間帯に入り、選管も会場手前で名前を書かせていた受付を会場内に変更する異例の措置をとっていた。記者が自分の電波腕時計で確認すると、2人が入ったのは5時ちょうどから10秒すぎ。だが選管は「5時までに入った」として、受け付け審査に進んだ。

ほっとした空気が流れたのもつかの間。いったん選管に書類一式を出した後、未来の党関係者らが、肝心の比例名簿が見あたらないと探し始めた。後から来た森ゆうこ副代表が見守る中、スタッフの女性が泣き出した。まもなく男性が名簿を見つけ出した。

全てのブロックでの届け出書類が受理されたのは午後10時半。選管関係者は「こんなことは初めて」とあきれ顔だった。

未来の党が立候補の届けでドタバタを起こしました。一歩間違えたら比例区での立候補が出来ない事態になっていました。個々人の能力や思い入れはあるのでしょうが、未来の党の組織としての実務者能力を疑わざるをえません。

  *        *        *

なぜ、こんな事が起きたのでしょうか。事務処理の問題でしょうか。内部での利害調整の(比例順位の)調整が出来なかったのでしょうか。しかし言えることは、この程度の事務処理や利害調整もギリギリにらないと出来ないようでは、政権を担ったときの利害調整なんて出来るわけがありません。

  *        *        *

政治家に理想は必要でしょう。しかし、実務者能力も必要なのです。

実務者能力を伴わない人間が理想を追求しても、口先だけに終わるか、困った事態を起こすだけです。そにような方々を政治家にしてはいけません。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 淡々と冷静に配備すべき | トップページ | 戦場に送るな、じゃなくて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/56259529

この記事へのトラックバック一覧です: 未来の党の実務者能力を疑う:

« 淡々と冷静に配備すべき | トップページ | 戦場に送るな、じゃなくて »