« 生活保護引き下げの理由は、宣伝戦の失敗 | トップページ | 地元は普天間移転を容認している »

2013年1月20日 (日)

中国は幻想を見ている?

中国は幻想を見ている?

日本経済新聞: 中国、「東南ア外交5原則」をけん制 包囲網を警戒
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM19047_Z10C13A1FF8000/

安倍氏が南シナ海の領有権を巡る中国とフィリピンなどの対立を念頭に、国際法に基づく紛争解決を訴えたことでは「当事国同士の対話によって平和的に問題を解決するというのが各国の共通認識だ」と反発。日米などが南シナ海問題に介入すべきでないとした。

「当事国同士の対話によって平和的に問題を解決するというのが各国の共通認識だ」と中国はおっしゃいますが、そんな共通認識があれば、とっとと対話や二国間交渉が行われていると思うんですが。

また、アセアンには多国間の枠組みを作ろうとする動きがあります。

  *        *        *

中国の物言いを聞いていると、認識のギャップに混乱して気持ちが悪くなることがあります。彼等は幻想世界を見ているのではないかと。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 生活保護引き下げの理由は、宣伝戦の失敗 | トップページ | 地元は普天間移転を容認している »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/56582229

この記事へのトラックバック一覧です: 中国は幻想を見ている?:

« 生活保護引き下げの理由は、宣伝戦の失敗 | トップページ | 地元は普天間移転を容認している »