« 脱原発派のイメージ | トップページ | ここは逆転の発想で »

2013年1月 7日 (月)

お気楽すぎます

お気楽すぎます

中日新聞 社説:瀬戸際に立たされる憲法 年のはじめに考える
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2013010702000089.html

例えば、二十年続く自衛隊の海外派遣は国際貢献の文脈で行われてきました。国連平和維持活動(PKO)としてアフリカの南スーダンに派遣されている部隊は「国づくり」に貢献しています。

国際緊急援助隊としての自衛隊は地震、津波などの被害に遭ったのべ十二カ国で活動してきました。冷戦後、多くの国で国防費が削減され、軍隊の災害派遣が困難になる中で、自衛隊はむしろ積極的に活用されています。

日本にとって最大の軍事的脅威のひとつである中国は国防費(軍事予算)を、削減どころか年々増額しています。

「多くの国で国防費が削減され」ているのは事実かも知れませんが、自分にとって重要な相手が軍事費を増額していることを見落としてはいけません。

お気楽すぎます。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 脱原発派のイメージ | トップページ | ここは逆転の発想で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/56487227

この記事へのトラックバック一覧です: お気楽すぎます:

« 脱原発派のイメージ | トップページ | ここは逆転の発想で »