« で、発病するのは何人? | トップページ | 規制強化を求める側は規制することによる利益を説明する義務がある »

2013年1月31日 (木)

これからが地獄だ

これからが地獄だ

中央日報:次期ロケットは3段式 1段目も韓国が開発へ
http://japanese.joins.com/article/696/167696.html?servcode=300&sectcode=330

韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ)号」(KSLV-1)の打ち上げ成功を受け、「KSLV-2」計画にも弾みがついている。

2010年からスタートした「KSLV-2」事業では、3段式ロケットの打ち上げを目指す。下段(1段目)ロケットがロシア製だった羅老とは異なり、1段目ロケットも韓国技術で開発する

当初2021年の打ち上げを目指していたが、教育科学技術部と韓国航空宇宙研究院はこれを前倒しし2018~2019年の打ち上げを目指す。

教育科学技術部によると同事業では2021年までに1兆5449億ウォン(約1296億円)の予算が配分され、研究開発が進められている。2011年末に国家宇宙委員会が策定した開発計画によると、純国産技術によるロケットを開発し、1.5トン級の実用衛星を地上600~800キロの軌道に投入する。

成功はめでたいことです。素直に韓国におめでとうと言います。しかし、この記事を読んで、「これからが地獄だな」と思いました。

だって、韓国からのニュースを見るかぎり、韓国はナロ号の1段目の開発製造に殆ど全く関わっていません。なのに、ナロ号を越えるものを作ろうと言うのです。例えて言うならレンタカーに乗れたので、車の製造に挑戦するようなものです。

ロシアからどのくらい技術移転を受けたのか、あるいはナロ号の開発でどのくらいの経験をつんだのか知らないで批評しても当たるかどうか疑問ではありますが、自分は、韓国の開発チームは地獄をみるだろうと予想します。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« で、発病するのは何人? | トップページ | 規制強化を求める側は規制することによる利益を説明する義務がある »

コメント

日本は40年以上も前に成功しているんですがね。
しかし北朝鮮が今更なんだよって嘲笑っていますよ。
挙句にロシア製にもかかわらず韓国ロケット打ち上げ成功っで国では臨時ニュースと号外が流されれたというから驚きです。
しかし、こんなバカなことでも虚栄心を張りたい民族っていったい何者なんですかね、もうバカにされたくないという一心だけでむきになっているのでしょう、この民族の悪いところはすべて、何をするのも手段を選ばないということ、ロシア製だろうがなんだろうがどうでもいいことなんですね、いつか痛い目に合うでしょう。

投稿: jtjg | 2013年1月31日 (木) 17時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/56663492

この記事へのトラックバック一覧です: これからが地獄だ:

« で、発病するのは何人? | トップページ | 規制強化を求める側は規制することによる利益を説明する義務がある »