« 庶民感覚は必要か? | トップページ | いいかげんにして »

2013年1月 1日 (火)

ロボット供養

ロボット供養

しんぶん赤旗:戻ってこないロボットたち 福島廃炉作業に従事 今後の工程に影響も
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-12-31/2012123110_01_1.html

東京電力福島第1原発(福島県大熊町、双葉町)で廃炉に向けた作業に従事しているロボットが帰れなくなる事態が次々発生しています。原子炉建屋内はもちろん、高い放射線量の同原発構内での作業にはロボットが不可欠で、今後の工程の進展にも影響が及ぶ可能性があります。

日本はロボット大国ではあるけれど、自分で判断し移動できるロボットの技術は高くない。日本のロボットの多くは工場で生産に従事しているもので、移動するタイプのロボットは軍事技術と結びつき易いためかアメリカが断然進歩している。

日本の移動式のロボット技術はまだまだ発展途上なのだ。発展途上の技術をいきなり実戦投入している福島原発で「帰れなくなる事態が次々発生」しているのは当然と言える。

現場で得られた経験を新しいロボットに生かして、次々と改良して行くほかはない。

  *        *        *

ところで、戻れなくなったロボットたちを供養する「ロボット塚」を作ってほしいと思った自分は、非科学的なんだろうか。針塚や針供養があるのだから、ロボット塚やロボット供養があっても良いとおもうのだけれど(自分の勤務先の機械室には神棚のようなものがあります。ご利益はあんまりないけどね)。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 庶民感覚は必要か? | トップページ | いいかげんにして »

コメント

敷地内に祠がある会社とかありますね。あれいいですね。
ああいう、宗教と言えば無粋な気がしますが、日本人的な情緒というべきか、
こころの奥に宿るものは、いつまでも大切にしてほしいですね。

神棚にご利益はありませんよね、元々現世利益を叶えてくれるわけでもありませんし。ですが、超常的なものを信じたり、畏れたり、感じたりする心の働きは、なぜか解りませんが、必要だと思います。
その意味でも、蛙の塚とか、針供養だとか、鯨神社とかは日本人にとって大切だと思っています。

投稿: ohsui | 2013年1月 2日 (水) 22時42分

ohsui さんこんにちは

確かに「ご利益」を求めてのものではありませんね。と言うか、職場にある神棚のご利益は整理整頓だと誰かが言っていました。確かに、そういう「聖なるもの」がある場所は整理整頓清潔でなければならず、職場が整理整頓され清潔であることは事故を防ぎますし良い仕事につながります。それが「ご利益」なんでしょうね。

自分の職場は(神棚の回りはさすがに整理整頓されていますが)、うーん、ちょっとガンバレって状態です(頑張らなくちゃならないのは私自身ですが)。

  *  *  *

今年の目標は「神棚の回りの整理整頓された空間の拡張」にしようかな。

投稿: 乱読雑記 | 2013年1月 4日 (金) 21時43分

コメントありがとうございました。
今年もよろしくお願いします。

素晴らしい考えですね、心安らかに仕事ができます。
それが一番のご利益ですね。
それに、たとえ悪い事があっても、
神様にお願いが届かなかった、が日本人ですね。

今年はいい年になりますね。
去年は選挙のおかげで幸せにwなれましたし。
これからすこしづつ、人々の意識と、政治と、
国のかたちやあり方も変わっていくのでしょうね。
・・・と夢を見させてくれる政治家を応援しようと思っています。

しかし、あまりに優れたブログをお書きになるので、
機械室でお仕事なさっているとは思いませんでした。

投稿: ohsui | 2013年1月 5日 (土) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/56446733

この記事へのトラックバック一覧です: ロボット供養:

« 庶民感覚は必要か? | トップページ | いいかげんにして »