« やる気が無い人間に | トップページ | これからが地獄だ »

2013年1月30日 (水)

で、発病するのは何人?

で、発病するのは何人?

しんぶん赤旗:BSE緩和 1日から 厚労省 米産牛輸入30カ月以下に
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2013-01-29/2013012901_03_1.html

紙智子参院議員の話 1月24日の農水委員会の質問で指摘しましたが、感染経路などが不明な非定型BSEの問題があります。日本では全頭検査によってこれまでに23カ月齢の非定型BSEが発見されています。米産牛の輸入を30カ月以下に緩和すればこうした“感染牛”は素通りすることになります。専門家も危ぐしています。そもそも米国のBSE検査は症状のある牛のみで、検査率も年間と畜頭数の0・1%とわずかです。食の安全や国民の命を第一にすべきです。規制を緩めるべきではありません。

狂牛病は怖いです。けれど、私はアメリカ牛の輸入規制の緩和に反対しません。何故なら、アメリカで人間が狂牛病にかかったというニュースを聞かないからです。

アメリカ人はアメリカ牛を山のように食べているでしょう。でも、狂牛病にかかったという話を聞かない。狂牛病の潜伏期間は長いのですが、狂牛病が騒がれるようになってからずいぶん時間が経ちました。

でも、アメリカで人間が狂牛病にかかったというニュースをきかない。

と言うことは、アメリカ牛はそれなりに安全だということだと私は判断しています。

  *        *        *

「食の安全や国民の命を第一にすべきです」というのは同意しますが、規制を維持することによって何人の命が救えるのか見積りをしていただきたいと思います。

なんとなく、とか、ゼロじゃないとかだと説得力がありません。もっと他にするべき事があるんじゃないかとツッコミたくなります。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« やる気が無い人間に | トップページ | これからが地獄だ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/56663241

この記事へのトラックバック一覧です: で、発病するのは何人?:

« やる気が無い人間に | トップページ | これからが地獄だ »