« だからどうした? | トップページ | 陰謀論 »

2013年2月16日 (土)

でも対価としての支払いを受け取っていないんですが

でも対価としての支払いを受け取っていないんですが

人民網:憲法改正の歩みを加速する安倍内閣
http://j.people.com.cn/94474/8130250.html

法政大学の五十嵐仁教授は人民日報の取材に、憲法改正への断固たる反対を表明。「日本にとって平和憲法は戦後に国際社会と交した約束であり、国際社会復帰の基礎でもある。憲法改正は地域の軍拡競争のエスカレートを招きうる。地域の平和にとっても、日本の人々の幸福にとっても利点がない」述べた。

そんな約束をしたという話は寡聞にして知りませんが、もし、日本が平和憲法を国際社会との約束としたのなら、国際社会は日本が平和憲法を定める対価として何をしてくれるのでしょうか。

日本の一方的な思い込みなら憲法前文がそうでしょうか。

総務省:日本国憲法 前文
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S21/S21KE000.html

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

「平和を愛する諸国民の公正と信義」とか「平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会」があるのであれば、日本も憲法九条を墨守しても良いでしょう。

まずは中国さんが守って頂けると、日本も憲法九条を変えようとはしないんじゃないでしょうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« だからどうした? | トップページ | 陰謀論 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/56779391

この記事へのトラックバック一覧です: でも対価としての支払いを受け取っていないんですが:

« だからどうした? | トップページ | 陰謀論 »