« 科学者が判断すべきこと、政治家が判断すべきこと | トップページ | 道徳の教科化よりも礼儀作法を »

2013年2月20日 (水)

私の既得権は

私の既得権は

時事通信:「既得権と闘う改革政党」=民主、綱領案を決定
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013021900730

民主党は19日の常任幹事会で、党の綱領案を決定した。自民党との対立軸を意識して「既得権や癒着の構造と闘う改革政党」と位置付け、「納税者」や「消費者」の立場に立つとした。先の衆院選敗北で野党に転落したことを踏まえ、「必ずや国民政党として再生し、政権に再挑戦する」ことも掲げた。24日の党大会で正式決定する。

既得権と戦うのは結構ですが、問題はどんな既得権と戦うのかです。

例えば、私は正社員として雇用されていますが、この「正社員」という立場もある意味「既得権」なわけです。正社員という立場をなくし、非正規雇用ばかりにするのも「既得権」と戦い「改革」することになるのです。そんな戦いを民主党はするとは想えませんが。

  *        *        *

「既得権や癒着の構造と闘う」のも「改革政党」も結構ですが、なるべくなら、どんな既得権と戦うのか明確にしてもらいたいものですし、報道もしてもらいたいと想います。

  *        *        *

ところで、大抵の人がなんらかの「既得権」を持っています。

私の持っている既得権で最大のもの、生まれながらにして持っている既得権は、日本国籍と日本人であることによる様々な権利(言論の自由や参政権などなど)です。民主党には、くれぐれも、この既得権と戦うなんてことのないようにお願いします。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 科学者が判断すべきこと、政治家が判断すべきこと | トップページ | 道徳の教科化よりも礼儀作法を »

コメント

どうしても敵が要るんですね・・・
国民の敵は民主党なんですが、民主党は何と戦うつもりですかね。

投稿: ohsui | 2013年2月27日 (水) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/56806619

この記事へのトラックバック一覧です: 私の既得権は:

« 科学者が判断すべきこと、政治家が判断すべきこと | トップページ | 道徳の教科化よりも礼儀作法を »