« 米中対立の前線に日本はいる | トップページ | 民族と国籍は別だよね »

2013年2月23日 (土)

そのとき沖縄は

そのとき沖縄は

日本経済新聞: オスプレイ反対の実行委解散 沖縄
http://www.nikkei.com/article/DGXNASJC22012_S3A220C1ACW000/

実行委の共同代表を務めた那覇市の翁長雄志市長は会合後の記者会見で「政府は沖縄に押し付けたら日本の安全保障は万全だと考えているかもしれないが、軍用機事故が起きれば日米同盟はぶっ飛ぶことを理解していない」と指摘した。

日米同盟がぶっ飛んだ時、沖縄はどうなるでしょうか。中国に日本独力で対抗しなければなりません。そのとき、日本は沖縄を防衛できるでしょうか。尖閣諸島どころではなく沖縄本島にまで圧力をかけてこないでしょうか。

そのとき沖縄はどうなるでしょうか。

  *        *        *

日本のなかで、日米同盟がぶっ飛ばないように最も努力するべき地域は、沖縄です。なぜなら、ぶっとんだ時の不利益が最も大きいのは沖縄だからです。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 米中対立の前線に日本はいる | トップページ | 民族と国籍は別だよね »

コメント

沖縄の指導者、首長は、昔々薩摩という強国に攻め入られ隷属化された事を忘れて要るみたいですね 軍隊は必要と云うことを 

投稿: 薩摩の昔船乗り | 2013年2月23日 (土) 11時52分

>ぶっとんだ時の不利益が最も大きいのは沖縄だからです

日本に残ろうと思っている人にとってはね。
だけど、中国に併合されることを望んでいる人にとっては、別。
オスプレイ墜ちろと、風船を挙げて、軍用機事故を待ち望んでいる。

投稿: a | 2013年2月23日 (土) 12時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/56821549

この記事へのトラックバック一覧です: そのとき沖縄は:

« 米中対立の前線に日本はいる | トップページ | 民族と国籍は別だよね »