« 日米同盟は重要 | トップページ | 権利か教育か »

2013年2月27日 (水)

日本が公害を克服できた理由を中国は学べないだろう

日本が公害を克服できた理由を中国は学べないだろう

毎日新聞:憂楽帳:公害裁判
http://mainichi.jp/opinion/news/20130226ddf041070019000c.html

公害病患者らが国などに排ガス差し止めを求めた同訴訟は、患者らにとって分が悪い裁判に思えた。だが、地裁は00年、排ガス差し止めを命じる画期的な判決を出した。神戸地裁の法廷で判決を聞いた時、あの歩道橋の場面を思った。

訴訟はその後、大阪高裁に持ち込まれたが、国側が環境改善を約束して和解。以来、和解項目順守をチェックするための協議の場は、ずっと続いてきた。

民主国家であること(有権者の健康被害を放置していたら落選しちゃう)、それなりに公正な裁判制度があること、これが日本が公害を克服できた(というか中国ほど悪化していない)理由だろう。

技術も大事だが、知識・情報・技術であれば、現在の中国が数十年前の日本にまけているとも思えない。

中国は、公害防止について日本から学びたいと言う。しかし、中国が最もまなびたくないもの、民主主義と三権分立、これが公害防止の重要な要素の一つであり、これなしに何とかなると思うのは甘いのではないだろうか。

BlogRanking (読む価値のある記事だったらクリックお願いします)

|

« 日米同盟は重要 | トップページ | 権利か教育か »

コメント

そうですね 共産党しか支那には居ないですものね

投稿: 薩摩の昔船乗り | 2013年2月27日 (水) 10時42分

毛沢東が「すずめは害鳥だ」と言ったら、国中からすずめが居なくなったというのは有名な話。
共産党独裁故にトップが言えば、即変わる(変われる)国でもある。

中国が公害を克服できるかどうかなんてことに関係なく、公害の技術を中国に教えてはいけない。
盗まれるだけである。
ブラックボックスにして、アフタもメンテも日本人しか触れないようにして、商売として助けてやるなら、まだしも。
でも、技術を盗んで世界に売ろうとしてる中国は、納得しないでしょう。
日本のマスコミも。
「冷え込んでいる中国との関係改善には、公害を失くしてあげれば中国は感謝して関係がよくなる」と、無償で提供すべきと言ってましたからね。

投稿: a | 2013年2月27日 (水) 11時26分

「オーストラリアのホテル1階にあるレストラン入口には「係員がご案内するまでお待ちください」の看板がある。中国人は中国人専用の席に案内される。なぜなら中国人はうるさいし、自分用とバッグ用に席を2つ占有したがるので、他の客に迷惑をかけるからだ」

マナーモードで頼むぞ、おい!

投稿: 加治将一‏@kaji1948 | 2013年2月27日 (水) 15時35分

脅迫状は日本橋で投函され、ソフトブレーンに送られてきたもの。

まあ、村上事件の時も、リーマンショックの時も、よくくるもの。

pic.twitter.com/bB5R5vO6bq


皆さんに同情してもらうために見せた訳ではない。日本の右翼政治屋と右翼マスコミの「成果」を見せたかった。脅迫状を書いた方はきっとすごい真面目な方だと思う。

日本の右翼政治屋と右翼マスコミは敵に何の害も与えず、日本の友を傷付ける。

村上事件の際、ある方がメールで侮辱文章を送ってきたため、メールアドレスで本人を確認した。大阪の中小企業に来た契約社員で真面目で無口と社長がいう。訴える気にならなかった。戦争に行かされた兵隊 をせめても意味がない。政治が悪い。


今度暇な時は脅迫展を開き、どんな時、どんな脅迫をもらったかを展示したい。


右翼も必要だろう。しかし、ここに来てバランスが悪過ぎ。このままでは日本は道を誤る。オバマさんが安倍さんに冷たいのはそのためだろう。自民党内も違う意見が言えない空気だそうです。

私は最初に日本で上場を果たした外国人。年間10億納税したことも。わたしのような外国人が居なくなる日本って素晴らしいだろうか。

投稿: 宋 文洲‏@sohbunshu | 2013年2月27日 (水) 15時36分

宋さん本物かな。同情するけど、ちょっと過激すぎでしたね。
まあ75日我慢すれば、みんな忘れますよ。

中国にモラルを定着させるのは難しいでしょうね。
教育が行き届かないのは、政治制度が一番の問題でしょうし。
国のサイズも大きすぎるんでしょうね。
連邦制にしたら、ソ連崩壊みたいになっちゃうのかしら。
いっそ独裁制の方が安定しそうですね。
毎日テレビを通じて、胸の悪いラブコールを効かされ続けてますがw
この件で日本が動いてやり、中国から何かいい譲歩を引き出せますかね。

投稿: ohsui | 2013年2月27日 (水) 17時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107287/56849148

この記事へのトラックバック一覧です: 日本が公害を克服できた理由を中国は学べないだろう:

« 日米同盟は重要 | トップページ | 権利か教育か »